LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

Amazon.co.jpで買えるおしゃれなサイクルウェアブランド6選

 

amazon-fashion01おしゃれに感じるサイクルウェアのデザインは、装飾の少ないシンプルな品の良さを持つものと、柄を前面に出していて派手だけれどセンス良くまとめているものがあります。
両方も持っていると気分に合わせて組み合わせられるのでサイクリングをもっと楽しむことができます(もちろんフィット感や速乾性などの品質が良いのは最低条件)。

Amazon.co.jpで売っているサイクルウェアの中にも、どちらの基準も抑えているサイクルウェアがあります。
Amazonだと中華ジャージやノーブランドなど価格の安いものに目が行きがちですが、少し予算を上げればデザイン・品質ともに良いものが揃っています。

 

DeMarci デ・マルキ(イタリア)

demarchi1946年創業と老舗のブランド。全体的に高価なハイブランドですが、シンプルで上品なデザインは機能性ともに最高クラスの製品です。
<ジャージ価格帯> ¥13,000〜25,000

DeMarciの商品一覧を見る>>

PISSEI ピセイ(イタリア)

pissei1978年に創設されたハートのロゴが特徴的な歴史あるイタリアのアパレルブランド。
価格は高めですが、シンプルなレース向けのタイトフィットデザインが多いです。
<ジャージ価格帯> ¥17,000〜23,000

PISSEI サマーグローブハートのマークがかわいい

CICLISTICA FIORENTINA チクリスティカ・フィオレンティーナ(イタリア)

cyclistafiorentinaピセイが展開しているヴィンテージラインのブランド。クラシカルなデザインと少しゆったりしたフィッティングで、街乗りでも違和感のないようなラインナップが特徴です。
<ジャージ価格> ¥13,500

CICLISTICA FIORENTINAの商品一覧を見る>>

MYN マイン(イタリア) ※レディースのみ 

MYNこちらもピセイが展開するブランドですが、女性デザイナーによるイタリアンメイドにこだわっている女性専用ウェアです。ゆったりした着心地が良いつくりなので、カジュアルライドに気軽に使えるラインナップです。
<ジャージ価格帯> ¥16,000〜18,000

Santini サンティーニ(イタリア)

Santini1965年創業のイタリアメーカー。純正デザインのものはちょっと微妙ですが、、コラボジャージやレプリカジャージは品質・デザインともに良い物が多いです。
<ジャージ価格帯> ¥10,000〜13,000

Santiniの商品一覧を見る>>

7mesh セブンメッシュ(カナダ)

7meshカナダでアウトドア界を牽引してきたチームによって創設されたブランド。シンプルで快適性の高いウェアをつくっています。
<ジャージ価格帯> ¥16,000〜21,000

7meshの商品一覧を見る>>

* * *

全体的にAmazonなのに高価という印象はありますが、そのぶん人と被ることもほとんどなくなります。サイクルジャージといえど選択肢はかなりあるので、ここに限らず広い視野でジャージ探しを楽しんでください。

海外から直接購入できるブランドのラインナップも合わせてどうぞ。
サイクルジャージイメージロードバイクウェアのおしゃれな海外ブランドまとめ