LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

世界が広がる!ロードバイクのいろいろな楽しみ方8選

 

ロードバイクは自転車の一種ですが、シティサイクルやクロスバイクと比べると軽量で、長距離を高速で移動することができるため、楽しむ幅が大きく広がります。

ロードバイクを手に入れて、これからどんなことをしようと思ったとき、これまでの自転車とは違った世界を広げることができる楽しみ方を8つの観点からお伝えします。

 

1. 高速域での疾走感を味わう

疾走感人間が自力で走る乗り物のなかで最もスピードが出るのがロードバイク。最初でもがんばれば35〜40km/hくらいを一瞬でも出すことができるので、その中でスピード感と風を感じるだけでもめちゃめちゃ楽しいと思えます

高速域を走り続けるのは最初の頃だとすぐ疲れてしまいますが、だんだんとその疾走感をより長い時間味わいたいと思うようになって、ロードバイクにハマっていきます。

2. 新しい仲間と出会う

仲間

ロードバイクを通じて積極的に外に出ると新しいコミュニティができます。ショップや地域のチームだったり、今まで接する機会が少なかった会社の同僚だったりと、人と出会うきっかけができるのもロードバイクの魅力です。

何より、ひとりで走るよりも仲間と一緒に走るほうが断然楽しい!ポタリング中心なのか、レース志向なのか、自分のレベル感に合う人たちを見つけて一緒に楽しめるといいですね。

【関連記事】トレーニング仲間を今すぐ探すべき理由

3. サイクルファッションを楽しむ

ロードバイクのファッションロードバイクの正装であるサイクリングジャージとビブショーツ(レーパン)は、体に密着したシルエットでデザインも独特なので、一般的には理解し難い世界です。最初は誰もがレーパンなんか履きたくないし、ジャージもわざわざ買わなくていいと思います。

それがいつの間にか正装している姿がかっこいいと思うようになります。それからジャージやジャケットのデザインを自分好みに揃えていく。いつもと違う服装をする自分に心が沸き立つことと思います。

【関連記事】
ロードバイクウェアのおしゃれな海外ブランド<第1弾>
サイクルウェア春夏秋冬おすすめコーディネート

4. ダイエットする/体を鍛える

diet

漫然とロードバイクに乗るだけでは簡単に痩せませんが、目的意識さえあればダイエットする強い動機付けになります。

「ファッションを楽しむためにはお腹が出ていてはカッコ悪い」「高いバイクを買ったのだから元をとらなければならない」「ヒルクライムに出るから少しでも体重を落としたい」

何でもいいのですが、こういった目的を持つとダイエットだって続くようになります
もちろん、痩せることだけではなく体を鍛えるという目的にも最適です。

【関連記事】ダイエットに効く!ロードバイクの体をつくる食事  

5. 美味しいものを食べるために乗る

パンケーキ サイクリングの目的地が、「2時間で行けるパンケーキがめちゃめちゃおいしいカフェ」というだけで漕ぐのが楽しくなります。あるいは全力を出し切ったあとのコーヒー1杯は格別に美味しいので、それを目的にトレーニングに励むということもあります。

前述のダイエットと相反するようですが、消費したカロリーをちゃんと摂取するのは必要なことです。必要なことなんです。 

6. 愛車を旅行に連れていく

travel近所を走るだけではなく、遠出するときに一緒に連れていくことだってできます。
前輪を外せば車に簡単に載せることができるし、輪行袋に入れれば電車の中にも持ち込めます。

湖を2日かけて一周したりするのもいいですし、初日はゆっくり観光して2日目はサイクリングでちょっと遠出するなど、ロードバイクを旅のプランに組み合わせるのも新しい旅行の楽しみ方です。

7. ロードバイクをカスタマイズする

カスタマイズここから少しディープな世界に入っていきます。そしてお金がかかります。本当にかかります

最初は完成車を買うことになると思いますが、乗っていくうちにロードバイクを自分の走り方に合った仕様にカスタマイズしたくなります。

パーツを変えると見た目がかっこよくなって走りが軽くなるので、次はどこを変えていこうかという思考に変わります。
この考えて迷っている時間が本当に楽しい。ここがロードバイクは沼と言われる所以です。

【参考記事】
まだ完成車で消耗してるの?

8. レースに出る

roadbikespeedある程度乗る距離や時間が蓄積されて自分が速くなったことを実感すると、その実力をレースで試したくなります

レースにエントリーすると練習に対するモチベーションも強くなるので、より速くなります。本番でリザルトがでるとやはり嬉しいですし、結果が良くなくてももっと強くなろうという動機付けになります。

レース初心者でもエントリーできるようなイベントもあるので最初はそこからはじめてみましょう。

* * *

LOVE CYCLISTでは、僕らがこうやってロードバイクをずっと飽きることなく楽しめるように、ロードバイクを愛してしまったすべてのサイクリストのための記事を丁寧に書いていきます。

一緒にロードバイクの世界をひろげていきましょう