LOVE CYCLIST

ロードバイクを本気で楽しむ人のためのブログ

【レビュー】ticベースレイヤー(ショートスリーブ)

 

以前に紹介した英国のブランド『tic』の半袖ベースレイヤーを入手したのでレビューします。
ノースリーブは夏用、ロングスリーブは冬用で、半袖は暑すぎず寒すぎない春秋用のベースレイヤーとして使っています。
海外ブランドはレビューが少ないので参考にどうぞ。

今回入手したベースレイヤー

ticベースレイヤー着用イメージ

tic Sleeved base (£38.00)

イタリアの高機能繊維が使われたベースレイヤー。高い吸湿速乾性、通気性、伸縮性など、ベースレイヤーに必要な機能を備えたウェア。

ベースレイヤーに求める点

  • ・汗を外に逃がすこと(汗冷えが防げるか)
  • ・体温が一定に保たれるか
    ・着心地が良いか
    ・軽量であるか

レビュー時の着用条件

  • ・気温は15〜20℃
    ・ticベースレイヤー+半袖ジャージ+アームウォーマー(+ジレ)という組み合わせで使用
 

━━━━━━ 目 次 ━━━━━━

1. ディティール

ticベースレイヤー フロントとバックの全体像。ストライプ柄のベースレイヤーは珍しく、公式サイトにある着画のようにジャージの前を大きく空けてもデザイン性があっていい感じ(全開はしませんが)

ticベースレイヤーロゴ部分 胸元のticロゴはフォントがかわいい。チラ見せOK

ticベースレイヤー表面の生地 表面の生地感。生地は薄手なので、夏でも使えます

ticベースレイヤー袖 袖口。立体縫製されています(フラットロックステッチで頑丈)。

ticベースレイヤータグ 素材はポリエステルとポリウレタンの混紡。サイドと背面上部だけ混紡の割合が異なり、少し伸縮性が高くなっています

ticベースレイヤー裏面の生地 裏面の生地。素材は肌へのざらつきは感じません。滑らかではないものの、ぴたっと肌に寄り添う生地感です

 

2. 走行時/休憩時の着用感

着心地はかなりタイト

最初に開封したときに「ちっさ!」と思いました。レースフィットと謳っているウェアは、ticに限らずぱっと見は小さく感じます。
そのため着用した直後は、伸縮性はあるもののやはり締めつけ感があります。
でもバイクに乗って前傾姿勢になると違和感がなくなります。ロードバイクで走るために作られたベースレイヤーという感じ。

あえて難点を挙げるとすれば、裾の生地が思ったより伸びないので、ちょっと脱ぎ着しづらいところ。ただ何回か脱ぎ着してうまく着るコツはつかめました。

リラックスフィットを好む場合はワンサイズ上げた方が良いと思います。

汗抜けはとても優秀

秋でも走り込むと汗をかくので、汗冷えしない機能は必須ですが、このベースレイヤーで汗をかいたときは、停車時の不快感はほぼゼロでした。流石にさらさらとまではいかないものの、冷えを感じないので休憩時は快適です。
また走り終わったあとの汗による不快な匂いも発生しません(これ重要)。

* * *

胸元のロゴがかわいいので「インナー着てます」感があまりないのがポイント高いです。ベースレイヤーでサイクルファッションを楽しむのも意外とありだとticを着て思いました。

 

ticのベースレイヤーを入手する方法

国内販売はないため、英国の公式サイトからの直接購入となります。
tic公式サイト