LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

ビンディングペダルの選び方ガイド&おすすめペダル

 

ロードバイクのペダルは、完成車を購入するときでも「別売り」が基本。
はじめてロードバイクを買うときは、ほとんどの人がスニーカーでも乗れるフラットペダルを購入し、少しロードバイクに乗り慣れてからビンディングペダルに変更します。

もっと本格的に走りたいと思ったときに最初に替えるパーツとして定番のビンディングペダルは、シューズとペダルを固定してペダリング効率や安定性を上げるためのもの
ロードバイクを単に移動手段として使っていると足が固定されるのは煩わしいかもしれませんが、サイクリングやトレーニングなど、乗ること自体が目的の場合はとても効果的なアイテムに変わります。

そこで、はじめてのビンディングペダル購入のために、ペダルの選び方やおすすめのペダルをお伝えします。

 

1. ビンディングペダルにすることのメリット

まず、なぜロードバイクに乗るときはビンディングペダルで足を固定するのか、その理由を見てみます。

どんな踏み方でも安定する

よくビンディングペダルは「力が逃げない」という表現をされますが、その言葉の通り、シッティングでもダンシングでも足が固定されているので、足とペダルが滑ったりせずにペダルに力がそのまま伝わるようになります。
特にペダルを大きく回しているときや、ダンシングで力いっぱい踏んでいるときなどに、足からの力がすべて車体に伝わっている感覚を味わえると思います。
そのため効率よく進むことができるようになり、フラットペダルより少ない力でスピードを出したり長距離を走ることができるようになります。

そして安定するということは、高速域でも安全になるということにつながります。

ペダリングの使い分けができる

フラットペダルだとペダルを下に向かって踏み込むことしかできませんが、ビンディングは異なる種類のペダリングができるようになります。

よく「引き足が使える」ということを聞きますが、それは踏み込む力と同じように引き上げる力を使うというわけではなく、脚を回すようにペダリングができるようになるということです。

踏み込んだり回したりと、ペダリングが複数の方法でできるようになるので、筋肉を交代で使うことで持久性が増したり、路面状況に合わせてペダリングを変えることでスピードアップできるようになります。

外す動作、はめる動作が楽しい

車のマニュアル操作を好むのと同じ感覚だと思いますが、停車時・発車時にカッ!と外してパキッ!とはめる動作が、ロードバイクと自分が一体化している感覚があって楽しいんです(なんのこっちゃ)。

ロードバイクの操作といえばシフトレバーの操作感覚ももちろん楽しいですが、手だけではなく足でもカチカチできるのがたまりません。この動作が楽しいという理由だけでも変えてよかったと最初は思えるはず。

ビンディングに替えてから1回は立ちごけを経験することになると思いますが、慣れてしまえばフラットペダルよりも安心して乗れるようになります。ときどきフラットペダルのロードバイクに乗ることがありますが、固定されていなくて逆に乗りづらいと思ってしまうくらい。

大抵は2、3回乗ればすぐに慣れることができるので、最初がこわいというハードルは仲間と乗り越えて、ビンディングの楽しさを一緒に体験していきましょう。

 

2. ビンディングペダル購入ガイド

ビンディングペダルの種類を知る

ビンディングペダルの種類ビンディングペダルは「ロードバイク用ペダル」か「MTB(マウンテンバイク)用ペダル」の2種類があります。まずは自分がどちらのタイプを使うかを決めます。

ロードバイク用ペダルの特徴

・ロードレース用に開発されたペダルで、高いパワー伝達力を持つ
・クリードが出っ張っているため、歩きづらい(別売のクリートカバーあり)
レースはもちろん、ハイスピード・長距離を走行する人におすすめ

MTB用ペダルの特徴

・マウンテンバイク向けに開発されたペダルで、固定力やパワー伝達力は弱め
・クリート(留め具)が小型で出っ張っていないため、バイクから降りたときに歩きやすい
・片面フラットのペダルがあるので専用シューズでなくても乗ることができる
通勤通学などの街乗り中心で、ペダリング効率を少し上げたい人におすすめ

「初心者にはMTB用の方が固定力が弱くておすすめ」という声もよく聞きますが、初心者でもハイスピード走行を好む場合もあるので、自分の乗り方に合わせて選ぶのが良いと思います。たとえ固定力の高いロード用ペダルでも、慣れればすぐに外せるようになれます。

 

ペダルと一緒に購入するものを知る

ビンディングペダルとセットで購入するものビンディングペダルは、ビンディングシューズに取り付けられたクリートをペダルにひっかけることで足が固定される仕組みになっています。

そのためビンディングペダルに替えるときは、ペダル+クリート+シューズの3点セットが必要となります(ただしクリートはペダルに1セット付属しています)

クリートは消耗品なので、ランニングコストがかかる点を頭に入れておいてください。クリート価格の目安は下記メーカー毎に記載しています。

 

ビンディングペダルのメーカーを知る

ビンディングペダルメーカーロードバイク用ペダルは①シマノ、②ルック、③タイム、④スピードプレイの4メーカーから選択できます(MTB用ペダルをロードバイクで使う場合はシマノのSPDペダルが最もメジャー)。
メーカーごとに形も特徴も異なるので、それぞれの違いは以下の通り。

① SHIMANO シマノ

最もシェアが高い定番ペダル。
比較的安くて入手しやすく、耐久性も高いことなどから人気。
ロード用の『SPD-SL』とMTB用の『SPD』という形がありますが、SPD-SLユーザーはたいてい「どうせSPD買ってもそのうちSPD-SLに変えたくなる」と言います。

<クリート価格:¥1,500〜>

② LOOK ルック

元祖ビンディングメーカー。
シマノはLOOKからパテントをもらってSPD-SLを製造しているため、使用感はSPD-SLに酷似しています。 ただしLOOKの方が軽く、踏み面や可動域が少し大きいつくりになっています。そのため、はめたときの感覚が最も気持ちいいペダルです。
ただシマノと比較すると少し価格が高いのが難点。

<クリート価格:¥2,000〜>

③ TIME タイム / Mavic マビック

TIMEとMavicが同じ形のペダルを出していて、カブトムシの角みたいなところに足先を引っ掛ける構造。 足に少し遊びが出るつくりになっているので膝への負担が軽減されるのが良いところ。
また他メーカーと比べて少ない力でクリートを脱着できるので、危険なときすぐ外せます

<クリート価格:¥2,400〜>

④ SpeedPlay スピードプレイ

他メーカーと一線を画すデザインの丸くてコロっとしたペダル。両面はめられてトルクもかけやすい形で、プロレーサーの使用率が非常に高い
クリートがすり減りやすく価格も高いですが、練習時はクリートカバーを付けたまま使用することもできます。

<クリート価格:¥5,000〜>

 

3. おすすめビンディングペダルメーカー

初めてビンディングペダルを試す場合には、価格や使いやすさを重点的に選びます。
上記4メーカーの中では、取り扱いショップが多く一番入手しやすいSHIMANOか、膝に負担が少なく使いやすいTIMEがおすすめです。

おすすめ1: SHIMANO

替えのクリートの入手しやすさや価格を考えるとシマノのSPD-SLが最も経済的。周囲でも使用率の一番高いペダルです。
周りとペダルが同じだと、ほかの人とバイクを交換して気軽に乗り心地を比較したりできるのも良いところ。

SPL-SLのエントリーモデル

シマノ SPD-SL PD-R540-LA

ビンディング入門用に最適なモデルで、初心者でも脱着しやすいようにバネが弱めに設定されています。財布にも優しい価格設定。

SPD-SLのペダル一覧を見る
Amazon / Wiggle

 

おすすめ2: TIME

個人的に現在はTIMEを使っていますが、SPD-SLと比べて脱着しやすくデザインがいいのでお気に入り。

TIMEのエントリーモデル

 

TIME XPRESSO 2(タイム エックスプレッソ2)

エックスプレッソシリーズは、後ろについている数値が大きくなるほど高価になります。エントリーモデルの2番からハイエンドモデルの15番まで、重量・素材・回転抵抗といった性能面で差が出てきます。クリートのはめやすさ自体は変わらないので、見た目を気にしなければ最初はエントリーモデルでも充分。

TIME XPRESSOのペダル一覧を見る
Amazon / Wiggle

* * *

ペダルがビンディングに変わると、細かい変化ですがロードバイクの見た目が本格的な印象になり、サイクリストとして一歩階段を上ったような気持ちになれます。
まずは回すペダリングの感覚を覚えてさらなる高み(深み)を目指してくださいね。


 

ペダルを買うときは専用シューズが必要になります。シューズの選び方についてはこちらを参考にしてください。

ビンディングシューズの選び方ビンディングシューズの選び方ガイド&おすすめメーカー


 

ビンディングを使って速くなるための「ペダリングの使い分け」についてもまとめているので合わせてどうぞ。

ペダリング術3つの使い分けで速くなる! ロードバイク ペダリング術