LOVE CYCLIST

ロードバイクを本気で楽しむ人のためのブログ

はじめてのロードバイク購入で後悔しないための3ポイント

 

はじめてのロードバイク探し暖かな季節になると、これからロードバイクを始めてみようかという気分にもなります。そう思い立ったら、「はじめてのロードバイク探し」というとても楽しいイベントが待っています。

そこで、初心者の方が最初にロードバイクを選ぶときに迷いがちなポイント、価格や選択基準などの選び方ついて、大事にすべき考えをお伝えします。

 

ロードバイク購入前に意識するべき3つのポイント

1. ロードバイクに乗る目的はいらない

初めてロードバイクを選ぶときは、MAXの予算を設定して、その範囲でメーカーやデザインなどで自分のお気に入りを探していきます。
ありがちなのが、大型ショップに行って店員さんに相談する場合で、こんな感じになります。

(´ -`)「予算15万くらいなんですが、どれがいいですかね」

(-ω- )「お客様の目的によりますね。街乗りや通勤で使いたいか、将来的にレースに出たいか、ヒルクライムしたいかとかで色々変わってきます。何がしたいですか?」

(´ -`).。oO(目的…なんだっけ)

店員さんの問いかけはとても親切です。
ロードバイクにも色々な種類があるので、お客さんの目的に合ったものを提供しようというサービスは非常に丁寧な応対だと思います。

しかし、ロードバイクを始めるときには、そんなにはっきりした目的を持っていません(通勤用途は除きます※)。何となく、自転車の延長で健康によさそうとか、周りがやっているからとか、小野田くんみたいに初心者でもレースで優勝狙えるかな、とかふわっとしてることが多いです。

自動車であれば燃費や排気量、乗車人数、積載量など、ライフスタイルに応じた明確な選択基準がありますが、一人乗りのロードバイクで、しかも今まで乗ったこともない乗り物にはっきりした目的意識を持つことは無理に近いものです。

※通勤や街乗りがメインであればクロスバイクの方が汎用性が高かったりします。

2. エントリークラスの安いモデルは後悔する確率が高い

だったら何を基準にロードバイクを選べばいいでしょうか?

今は10〜15万で買えるエントリーモデルが数多く出ています。一度お試しする意味でも、これくらいの予算で購入するケースをよく見ますが、残念ながらその中には、買ったあとに「やっぱりもう少しお金を出して高いものを買うべきだった」と言う声をよく聞きます。

その理由は大きく2つあります。

(´・д・) デザインが気に入らない

ロードバイクは高ければ高いほどデザインが良くなります(高いモデルを買ってもらうためにもデザインは明確に差別化されていますね)。

エントリーモデルのグラフィックは安い印象を受けるものが多いですし、アルミの溶接が雑なものが多いので、一緒に走っている人がいいバイクに乗っていると、見劣りしていると感じてしまうことがあります。

またエントリーグレードは乗っている人も多いので、サイクリングしていると同じ自転車を見かける確率も高くなり、ちょっと気まずい雰囲気になります。

(´・д・) 重くて遅い

シティサイクルと比べれば断然軽いですが、ロードバイクのカテゴリのなかではエントリーモデルの10kg前後というのは非常に重い部類に入ります。だから思ったよりもスピードがでないし坂道もつらい。特にクロスバイクから転向した場合は変化を感じにくいと思います。

またアップライトなポジションが取りやすいコンフォートモデルもあるのですが、ロードバイクの前傾姿勢に対して悪い癖がついてしまって速くなれない可能性もあります。

このようなストレスを抱えてしまうと、次第にロードバイクに乗って出かける行為自体が縁遠くなってしまいます。

3. ミドルクラスのモデルなら長く付き合うことができる

そうなると、選択肢はもうひとつ上位のグレード(予算18万〜25万程度)になります。

この価格帯は、アルミであれば上位グレードを選べるし、カーボンフレームも選択肢に入ってきます。
するとエントリーモデルで出てくるようなデザインや重量に対する不満はかなり少なくなります。特にカーボンはグラフィックも含めて見た目がかっこよくなるので、所有満足度が高いです。

最初にあえて「乗る目的は必要ない」と言ったのは、ミドルクラスであれば、どれを選んでもあらゆる目的にも対応できる性能を備えているからです。

例えば、乗り始めてからもっと速くなりたいと思ったら、ミドルクラスはレースに耐えうる十分な性能を持つので、ホイールを変えたり自分の体を鍛えさえすれば周りと勝負できるようになります。あるいは山に登れるようになりたいと思ったら、パーツを軽量化すれば十分ヒルクライムで通用する重量になります。

こういった対応範囲の広さでもミドルクラスは懐の深いロードバイクが揃っています。

今年のモデルの中から、ミドルクラスで本当にほしいと思えるバイクをまとめたので、参考にしてください。
【2016年版】初めてのロードバイクで本当にオススメのモデル

* * *

ロードバイクに乗らない人には、自転車に20万という金銭感覚は異常に映ります(「20万!チャリでしょ!?」というリアクションは聞き飽きたくらい)。逆に深い沼にハマってしまった人からすると20万は安いと思ってしまうくらいになります。
この20万という数字をどうとらえるかで、ロードバイクに対するスタンスは変わってきます。

決して深みにハマりすぎる必要はないですが、長く楽しむことを考えて、当初15万くらいまでで考えていた方でも、もう少しだけ上積みして選択肢を広げてみると、きっと新しい視野がひろがります。