【ロードバイク】直営店/コンセプトストアのあるメーカーまとめ

ロードバイクのメーカーの中には、直営店またはコンセプトストアを展開しているところがあります。

新たにロードバイクを購入するときは、まずどのメーカーにするかを決めることになりますが、直営店やコンセプトストアに行けばそのメーカーの車種が豊富に揃っているので、自分がほしい価格帯のモデルを実際に見ることが可能(試乗ができる場合も)。

所在地は都市部に集中してしまいますが、近くにあればぜひ訪問してみてください。ブランドの雰囲気やそのバイクに乗る人たちの傾向がよくわかり、自分がそのブランドコンセプトにマッチするかがよくわかるはず。

1. GIANT – ジャイアントストア

giant

所在地:全国

世界最大のスポーツサイクルブランドであるジャイアント。巨大資本ならではの全国展開と手厚いサービスで初心者が入りやすい店構えです。
ロードバイクの試乗サービスや、各店舗でのライドイベントなども充実。

> ジャイアントストア公式ページ

2. TREK – トレックバイシクルストア

trek

所在地:六本木、東京昭島、横浜、新潟、甲府、名古屋、大阪、神戸須磨、神戸六甲

全米No.1の総合自転車メーカーであるトレック。直営店が全国に9店舗あります。
店舗ごとにメンテナンス講座や試乗イベントを開いていたり、ボントレガーのホイール試乗もできたり(有料)、総合自転車メーカーならではのサービスも充実。

> トレックストア公式ページ

3. Specialized – スペシャライズド東京/ラビットストリート江坂

specialized

直営店東京(西新宿)東京(銀座)
コンセプトストア大阪(江坂)

アメリカ3大メーカーの1つであるスペシャライズド。東京と大阪に3店舗あるストアは、どちらも広々とした売り場面積で、デジタルツールを用いたフィッティングやレンタルバイクなどのサービスも充実しています。 

> スペシャライズド直営店公式ページ

4. Bianchi – ビアンキストア

bianchi

所在地:東京(表参道、青山、秋葉原、丸の内、自由が丘、目白、立川、町田)、埼玉(大宮)、神奈川(横浜)、京都

世界最古の自転車ブランドであるビアンキ。東京が中心ですが、カフェを併設していたり、弱ペダ荒北コラボイベントをやったりと、ターゲット層が明確。おしゃれなブランドイメージを踏襲する空間デザインのストアばかりです。

> ビアンキストア公式ページ

5. Cannondale – キャノンデールストア

cannondale

所在地:神奈川(横浜)・大阪(心斎橋)

高性能のアルミバイクでよく知られるキャノンデール。黒を基調にしたシックな店構えは男性的な印象のショップです。

> キャノンデールストア公式サイト

6. Wilier – PUNTO ROSSO TOKYO(プントロッソ東京)

punto rosso tokyo

所在地:東京(目黒)

イタリアの美しい老舗ブランド、ウィリエール。プントロッソ東京は日本唯一のコンセプトストアのため、ウィリエール乗りにとっては“聖地”と呼ばれることも。
アットホームな雰囲気で、ウィリエールのフレームやウェアだけでなく、ほかのメーカーのパーツの取り扱いも幅広い。
2018年からはフロア拡張し、1Fが接客スペース、2Fがさまざまなモデルの展示ルームに。

> プントロッソ東京公式ページ

おまけ:カフェのあるコンセプトストア

ちょっと趣の変わった、近年増加傾向にある「ライフスタイルを大事にする層」に向けたコンセプトストア。
いわゆるガチなロードバイクのショップの形態ではなく、都会において自転車とともにゆったりした時間を楽しむことを提案しています。

ブリヂストンサイクル – RATIO&C(レシオ・アンドシー)

ratio&c

http://ratio-c.jp/

所在地:東京(外苑前)

ブリヂストンサイクルが運営するコンセプトショップ。
青山の一等地でカフェを併設しながらオリジナルバイクを販売。ワークショップなどを行いながら「自転車のある丁寧な暮らし」を演出しており、都会的でおしゃれなサイクルライフの雰囲気を味わえる。

Shimano – OVE(オーヴ)

ove

http://www.ove-web.com/

所在地:東京(南青山)、大阪(中之島)

シマノが運営する「ライフ・クリエーション・スペース」。イベントスペース・カフェ・ショップが併設されている。丁寧に作られた食事はとても美味しい。
店内でトークショーやワークショップを行っており、テーマも自転車に縛られず食や文化など多岐にわたる。

* * *

サイクリストたちは、自分が持つメーカーをこよなく愛するようになるもの。
そんなサイクリストにとってコンセプトストアの存在は欠かせません。ときどきコンセプトストアに立ち寄って新モデルなどを確認するのもひとつの楽しみですね。