淡く美しい秋冬ウェア。Endless「Awayジャケット&ジャージ」レビュー

Endless Away Collection レビュー

Text by Tats@tats.cyclist
Photo by Ryuji@marusa8478

季節の変わり目は、自分自身も変化を追い求めたくなるもの。新しい場所、新しい習慣、新しいモノといったように、自然とライフスタイルが変えられるようになります。
ライドにおいても、走り方や着るものが変わっていくのが、オフシーズンへの切り替えのタイミング。紅葉から枯れ木への変化を感じるために走ったり、冷え込みに体が負けないように重ね着をしたり。

スペインのブランド「Endless(エンドレス)」のAwayコレクションは、そうした季節の変化をリスペクトし、そして対応するために生まれたウェアです。
秋から冬へ、淡い季節感を目と体で楽しめる美しいウェアをレビューしていきます。

*本レビューで使用するウェアはEndless提供のものです。
*記事の最後にEndlessウェアが15%OFFになるクーポンコードを記載しています。

組み合わせて着こなす「Away Collection」

Endlessのウェアは、レース向けの“Fast”と普段使い用の“Away”に分類されます。
“Away”の方が少し余裕のあるカッティングですが、Fast=超タイト、Away=タイトという感じなので、どちらも綺麗に着こなせるシルエット。

AWAY LSジャージ – MIDNIGHT GREEN(€140)/AWAYジャケット – OLIVE (€150)/THERMALタイツ(€150)

そして今シーズンのウェアは、「季節感」を感じさせてくれるアイテムでもあります。
原色使いが多い自転車アイテムの中で、Endlessがデザインしたオリーブやミッドナイトグリーンのような少しくすみがかった色味は、周りの自然に溶け込む感じ。

これは今年のトレンドカラーであるペールトーンベイクドカラーをサイクリングシーンにも取り入れているよう。冬にかけて景色の彩度が落ちていく雰囲気がそのまま自転車ファッションとして高度に落とし込まれています。

Awayコレクションは季節の変化に対応するためのウェアなので、ジャージとジャケットの組み合わせを楽しめるようになっています。それぞれのトンマナが揃っていて、自分好みの組み合わせを選べるところが素敵。

【AWAYジャケット】抜群の機能、そして色味。

AWAYジャケット – OLIVE (€150)

Awayコレクションの中でも最も心打たれたアイテムがジャケット。
最たる特長が、このオリーブの淡く美しい色味。先染めされた生地によって、ほかのウェアにはなかった色味が再現されています。
僕自身普段着でもあまり身に付けないカラーでしたが、あえてこれを選んで大正解。着こなしの幅が大きく広がったことを感じます。

そして生地は防風だけでなく、DWR(耐久性撥水)加工によって完全防水。防水のために加工された裏地の六角形模様がまた格好良い。

ジッパーは下からも開けることができる2way仕様。だからジャージのバックポケットへのアクセスが容易になります。

暑くなったらジッパーを上からでも下からでも好きなように開けて空気を通す。
Awayジャージ+Awayジャケットの重ね着は、色の組み合わせだけでなく、機能的なコンビネーションも最高なんです

手首周りにフィットして風を通さない袖口

バックポケットはないが、反射プリントが配されたとてもスタイリッシュな背面

【AWAY LSジャージ】シンプルで着やすい上質さ。

AWAY LSジャージ – MIDNIGHT GREEN(€140)

秋冬装備の基本となるロングスリーブジャージ。こちらも先染め生地で発色は抜群に美しい。
生地がよく伸びてシルエットもタイト過ぎないため、ナチュラルな着こなしが楽しめます。

袖の長さも最適。僕は細身なので若干生地の余りがありますが、一般的な体型であればぴったり着られるカッティングになっています。

裏は少しだけ起毛していて、ジャージ単体では10℃くらいまで対応できる使いやすい厚み。ジャケットと組み合わせることで5℃程度までOKです。

伸縮性が高く扱いやすい3バックポケット+格好良い反射プリント

サイズ感について

着用サイズ: すべてS(身長177cm/C86 W74 H90)

無理のないタイトフィットなので、各商品ページに記載のサイズガイド通りに選択すれば適切なサイズ感となります。
標準的な体型であればサイズを上げたり落としたりする必要はありません。

サーマルタイツは長さぴったり。裾がジッパー式なのでとても履きやすい

Endlessの進化を感じる

特定のブランドをウォッチし続けていると、そのプロダクトが年を追うごとによりよいモノへと進化しているとわかることがあります。
Endlessは2016年に生まれたスペインのブランド。LOVE CYCLISTも同じ年に生まれ、これまで2年続けてジャージをレビューしてきました。
そして2019年秋冬シーズンの新作は、これまで以上に進化を遂げたことを実感しています。

スマートなデザイン、悪天候に耐える機能性、細部の品質の高さ、どの角度からも素晴らしい仕上がり。
今サイクルウェアはファッションを軸にした(主に海外の)ブランドがメインストリームになっていますが、間違いなくEndlessはそのトップに名を連ねるブランドとなっています

特長

  • ・ジャージのみで10℃対応
    ・ジャージ+ジャケットで5℃対応
    ・完全防水&防風(ジャケット)

Highs

  • ・ファッションの幅を広げる色味
    ・ぴったり過ぎない綺麗なシルエット
    ・やわらかい着心地

Lows

  • ・特になし

Endless – Awayコレクションを購入する

Endless公式サイト

※チェックアウト画面で以下のコードを入力すると全商品15%OFFになります
【ディスカウントコード:LOVECYCLIST】