LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

【ロードバイク】ジレで寒い季節を快適に乗り切る。(コーディネート例付き)

ジレ

サイクルウェアのジレは、一般的にはベストと呼ばれており、ウィンドブレーカーのように多くは薄手の防風素材でつくられています。

四季のコーディネート特集では「最低限揃えるべきウェア」という観点でラインナップしたためジレは選択肢から外れていますが、ひと通りサイクルウェアが揃ったあとに余裕があればジレをひとつ買い足しておくと、肌寒い時期から真冬にかけてのロードサイクリングが格別に快適になります

そこでジレの基本的な使い方や、コーディネート方法などを紹介します。

 

1. ジレの特徴

ジレは着用しているサイクリストが少ないのであまり馴染みがないかもしれませんが、気温調整用アイテムとして多くのブランドが取り揃えています。
防風効果のあるウェアで、ウィンドブレーカー同様コンパクトに折りたたむことができます

ウィンドブレーカーはその構造上どうしても袖周りのバタつきが起きてしまいますが、ジレは胴部分しかなく、またタイトなシルエットで作られているので、走行へのストレスを与えません

走行中は体幹部分が温かくキープできるため、体全体が冷えづらいのも特徴。もし暑くなってもファスナーを全開にすれば一気に涼しくできるので、体温調整が非常にしやすいアイテムです。
朝の冷え込む時間帯に出かけるとき、気温差が大きい山に行くとき、ロングライドで体の冷えが心配なときなどのお供にも最適。

 

2. ジレ気温別コーディネート

ジレをひとつ持っていると着こなしの幅が一気に広がります。「ジレを着るタイミングがよくわからない」という方のために、普段の組み合わせにどのようにジレをアドオンすれば良いか気温別に着こなし例を見てみます。

15-20℃のジレコーディネート

15-20℃は夏のコーディネートにアームウォーマーとジレを追加。どちらも暑くなれば脱いでバックポケットに入れれば身軽になれます。

10-15℃のジレコーディネート

10-15℃はジャージとベースレイヤーを長袖に変更。そしてジレを足せばさらに快適に過ごすことができます。人によってベースレイヤーは半袖でも良いかもしれません。

5-10℃のジレコーディネート

5-10℃あたりはジレは要らないかも。ウィンタージャケットは防寒性の高いものを選んで。

0-5℃のジレコーディネート

0-5℃の真冬の寒さには、ウィンタージャケットの上からジレを重ねるとしっかり防風できます。

こうやって普段のコーディネートにジレを1枚足すだけで対応できる気温の幅が広がるので、とても便利なアイテムなのがわかると思います。

 

3. ジレを買う

ジレのデザインを選ぶときは、手持ちのジャージと同じデザインのものか、どのジャージにも合わせやすい汎用性の高いデザインのものを選ぶのをおすすめします。
あるいはナイトライドやブルベなどで被視認性を高めるために、場合によっては反射素材のものを選択します。
ここでは汎用性の高い黒系のものを、取り扱いサイト別に紹介。価格帯は1万前後のものが一般的になります。

ピックアップジレ① Wiggle

Wiggle取扱ジレ

Castelli – Squadra ロングベスト
Gore Bike Wear – Element Windstopper Softshell ベスト
Morvelo Stealth Hemisphere ベスト
(ウィメンズ)

海外ブランドで機能性の高いウェアを求めるのであればWiggleが最適。
コスパ最強のdhbをはじめ、定番のCastelliやGore Bike Wearのほか、morveloなどデザインの良いものが揃っています。ウィメンズの取り扱いも豊富。

Wiggleジレ一覧を見る

 

ピックアップジレ② Amazon

Amazon取扱ジレ

パールイズミ – ウィンドブレークベスト
シマノ インサレーテッド ベスト 
Sportful – HOT PACK 5

Amazonでは定番のパールやシマノのほか、安価なノーブランド品も数多くラインナップされています。

Amazonのジレ一覧を見る

 

ピックアップジレ③ 海外ブランド

海外ブランドジレ1

la Passione – Wind Proof Gilet Macro PDP(¥9,362)
Peloton de ParisRace Gilet(€95.00)
EndlessMarine Lightweight Gilet(€90.00)

海外ブランドジレ2

Chapeau!Echelon Gilet(£99.00)
PedlaWind Cheater / Core Gilet($209.00 AUD)
RaphaPro Team Lightweight Gilet(¥15,000)

ここで掲載しているのは一例ですが、海外直販ブランドの場合はシンプルで着回ししやすいデザインが揃っています。自分の持っているジャージと揃えるのはもちろんのこと、ジレは値段もこなれているものが多いので、気になるブランドに触れてみるのもありだと思います。

ほかの海外ブランドから探す

サイクルウェア海外ブランドロードバイクウェアのおしゃれな海外ブランドまとめ

* * *

僕らサイクリストは、寒かろうが暑かろうが外に出て走りたい欲求が収まることはありません。どんな気温でも快適に過ごせるように、うまくウェアを組み合わせてサイクリングに出かけてくださいね。