LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

【ロードバイク】すね毛処理のススメ&おすすめお手入れ方法

ロードバイクに乗り始めると必ず通過するであろうすね毛処理の問題。

基本的に「ロードバイク乗りはすね毛を剃るもの」という暗黙のルールがありますが、それに則って剃るべきか剃らざるべきか、レーパン論争と同じく人によって色々な考えがあると思います。

今回は、すね毛処理に対する考えと手軽な処理方法についてお伝えします。

1. 脚がきれいな人は仕事ができる人

すね毛処理の目的

ロードバイク乗りがすね毛を処理する目的としては、一般的に以下のようなものが挙げられます。

  • ・空気抵抗を下げる
    ・ケガの処理をしやすくする
    ・マッサージをしやすくする

確かにこれらの目的は、コンマ数秒を争うようなトップクラスのロードバイク選手にとって大きなメリットになりますが、趣味で乗るサイクリストがこのような実利を求めて剃るのは二の次のことだと思います。
それでもなぜすね毛を剃る必要があるのか?

隠れた最大の目的は、見た目を良くするため。
伸びっぱなしのすね毛を無造作に露出しているよりも、綺麗に手入れされた脚は清潔感が生まれます。
またジャージ・ビブショーツ姿で空気抵抗を抑えている延長として、抵抗の生まれない綺麗な脚であることが、サイクリストとしての様式美のようなものを形成することができます。

すね毛処理がイケてると感じる理由

さらに第三者からの目線で見ると、私服ではすね毛があってもなくてもあまり気になりませんが、サイクルウェアを着ている人が脚をきれいにしていると一気にイケてる感じになります。

そう感じるのは、脚の見た目は他人が受け取る印象に影響してくるということをその人が(無意識にせよ)わかっていると思うから。
たとえば道を走っていて、たまたま前に追いついたサイクリストの脚がきれいになっていると、ちゃんと気を遣っている方なのだと後ろから見て瞬時に思い、勝手に好感を持ってしまいます。逆にしっかり毛が生えている方を見ると、清潔感が感じられずそのまま全力で追い抜きたくなります。

つまり、すね毛に対するその人のスタンスは、他人に気遣いができるかどうかのバロメーターだと思っています。
ロードバイクに乗っていると、「速くなりたい」「楽しみたい」と思うのと同じように、仲間や周りの人に対して「不快感を与えたくない」または「素敵に見られたい」という思いも出てくる。
脚をきれいにする人は、そのための気遣いができる方なんだろうと感じます。だから(極論ですが)そこまで気が回る方は仕事もできる人だと思います。

毛はどこまで剃るのか?

すね毛をどこまで剃るかという線引きは迷うところですが、「見た目」という観点からは、基本的には露出している部分だけツルツルになっていればOK。夏は私服でショートパンツも穿く場合もあるので、レーパン以上に露出する部分があればそこまで綺麗にしておきます(でないと中途半端に太ももの途中から毛が見えてしまう)。

中にはデリケートゾーンを含め下半身は全部剃ってしまうという人もいるようですが、それは完全にお好みでどうぞ(剃ってしまうとすっきりする気分はわかります^^;)。

 

2. おすすめの処理方法

すね毛の処理方法についてこれまでいくつかやり方は試してきましたが、以下の2つが手軽で痛みもなく安全な方法でした。

時間があるとき:除毛クリーム

脚にクリームを塗って数分放置したあとに、付属のリムーバーをつかって毛を落としていくやり方。

するすると毛が取れていくのが結構気持ちいいんです。根本からしっかり除毛してくれて仕上がりもきれいなので、1回やると1〜2週間くらいは気になりません。ロードバイクに乗る頻度が多い時期はクリーム脱毛をやっておくと捗ります。

ただし薬剤で毛を溶かす手法なので、ある程度皮膚も傷んでしまいます。肌荒れが気になる方や肌が敏感な方は月1くらいに留めておいたほうがよいと思います。

おすすめ除毛クリーム

僕がよく使っているのはヴィートの「除毛ジェルムース」。
ムースを除毛したい部分に塗って3分放置したあと、リムーバーで脚をなでるだけで毛がとれていきます(入浴時にも使えるバスタイム用の除毛クリームもありますが、除毛ジェルムースの方が毛は簡単に落ちる印象です)。

刺激が弱い人向けの敏感肌タイプもあるので、肌質に合わせてタイプを選んでみてください。僕はなぜか敏感肌用を使って肌が荒れてしまったので向き不向きがあるかもしれません。

急いで処理したいとき:ボディグルーマー

髭用シェーバーのように電動カミソリで毛を剃るタイプ。
出かける前に剃り忘れていたことに気がついたときなど、時間がないときはすぐ剃れて便利。ただクリームと違って、剃り跡が少しチクチクするし、すぐに伸びてくるので頻繁に手入れが必要です。
※簡易処理といえばT字カミソリという手段もありますが、カミソリは皮膚の表面を傷つけてしまい、続けていると肌が黒ずんでしまう可能性もあるのであまりおすすめできません。

おすすめボディグルーマー

僕が何年もずっと使っている電動シェーバーは、フィリップスのボディグルーマー
防水なのでいつもお風呂に入るタイミングで使っています(脚が濡れていると剃りにくいので、浴室に入ってすぐにやるとスムーズ)。
付属のアタッチメントを使えば、毛足を0mmと3mmで調整できるので、レーパンで隠れる部分はチクチクしないように3mmにしたりして微調整することも可能。

家に1本ボディグルーマーがあると、気付いたときにさっと手入れができるのでとても便利。
そのため普段はボディグルーマーを使って、脚を出すことが多いサマーシーズンは定期的にクリームを使ってきれいにするようにしています。

* * *

すね毛処理をするか迷っている方やこれからやろうと思っている方は、脚をきれいにすると自分だけじゃなく周りの人たちも気持ち良くなれるので、ぜひトライしてみてくださいね。