GPSサイコン比較購入ガイド&おすすめモデル – Garmin / Wahoo / Lezyne / Xplova / Bryton

GPS Computers

すべてを記録し、振り返る。

走行データをあらゆる角度から記録することで、ライド中・ライド後に確認し、そして次のライドへとつなげるためのGPSサイコン。サイクリスト自身が上のステージを目指すためには欠かせないもの

かつてGPSサイコンといえばGarmin(ガーミン)が市場を独占していましたが、ここ2-3年で競争力のあるプレイヤーが次々とこのマーケットに参入し、僕らサイクリストにとって新たな選択肢が生まれています。

しかしその分だけ、自分に最適な1台への絞り込みは手間になったとも言えます。
ここではGarminを含むGPSサイコン主要5プレイヤーから発売されている各モデルを、クラス別に機能比較。自分に合ったGPSサイコン選びのマイルストーンにしてください。

1. ライドの質を高めるGPSサイコン

GPSモデルは、スピードやケイデンスといった通常のサイコンにもある基本的な機能に加え、GPSによる走行ログの記録やナビゲーション、気圧計を用いた勾配や獲得標高の表示、Strava連携やパワーメーター接続などさまざまな計測が可能。

それらはライド中に必要なものと、ライド前後に見るものに分けられ、その中で「ナビゲーション目的の機能」と「トレーニング目的の機能」のものがあります。

GPSサイコンで見る主なデータ

 目的 ライド中 ライド前後
ナビゲーション 周辺地図 ルート作成
ルートナビ ルートログ
トレーニング スピード 走行距離
ケイデンス 獲得標高
心拍 TSS
斜度 NP
パワー Strava連携

特にトレーニング目的の場合は「GPSサイコンで計測→スマートフォンに記録をアップして振り返る」という流れの中で、トレーニングの精度と質を上げていくことができます。
そこで見る指標は、距離を稼ぎたい人なら走行距離、山好きは獲得標高、パワートレーニング中の人はTSSNPなど、ライド指向に合ったものが蓄積可能。

通常のサイクルコンピュータからGPSモデルにすることで、サドルを降りているときも含めてロードサイクリングを楽しめるようになります。

 

2. GPSサイコン主要5メーカー

Garminが切り開いたGPSサイコンの市場、その大きなシェアの切り崩しを狙うメーカーは複数。
どのGPSサイコンでも基本的な表示項目は変わりませんが、メーカーやモデルによって使い勝手や拡張性の違いがあるので、自身の指向に合ったものを選択します。

Garmin – サイコン界の巨人

Garmin GPSサイコン

GarminはGPSサイコンの代名詞であり、「ガーミン買った」という宣誓はサイクリストとして一歩成長したことを感じさせる象徴的なセリフになっています。

そのモデル“Edge”は、スタンダードの500系、フラッグシップの800系、大画面の1000系という馴染みのある区分けが従来からあり、2018年には機能を削ぎ落としたエントリー向け100系が新たに登場。

全方位に向けた死角のないラインナップを揃え、GPSサイコンのデファクトスタンダードとしての地位を確立しています。

※Garmin Edgeについての詳細はこちら

Wahoo – ジャイアントキリングの最有力となる拡張性

Wahoo GPSサイコン

ポストガーミンとして有力なWahoo(ワフー)のELEMNTシリーズ。

そのGPSモデルは、同機能で画面サイズが異なる“ELEMNT BOLT(小)”と“ELEMNT(大)”の2つをラインナップしています。
スマートフォン側ですべてセッティングするため、ファームウェアや地図のアップデートが容易にできる点、そして最高峰のスマートトレーナー“KICKR”との連携機能など、拡張性の高さで次第にシェアを拡大。

Lezyne – 圧倒的なバッテリー&価格競争力

Lezyne GPSサイコン

最も意欲的にラインナップを出しているLezyne(レザイン)。

GPSタイプは6モデルと豊富にありますが、機能面でも価格面でも他社より競争力をもつのがSUPER GPSMEGA CMEGA XLの上位3機種。
これらは価格競争力の高さもさるところながら、最たる特徴はバッテリーの持ちがほかのメーカーにくらべて圧倒時に優れているところ。中でもMEGA XLは最長48時間と、長時間のブルベにも対応可能な最高レベル。

Xplova – スマートフォンのようにあやつる操作性

Xplova GPSサイコン

トレンドに乗ったプロダクトづくりをする新鋭台湾メーカーXplova(エクスプローヴァ)。

GPSサイコンは“X3”と“X5 Evo”の2ラインナップのみですが、Android OSをベースにしたフラッグシップの“X5 Evo”は、これまでもっさりしていたサイコンのUIに新感覚のサクサク動作をもたらし、スマートフォンに飼い慣らされた僕らの指に馴染みのある触覚を思い出させてくれます。
カメラ付きサイコンという新しいジャンルにも、ガジェット好きの食指が思わず動くもの。

Bryton – GPSサイコンを最も身近にするラインナップ

Bryton GPSサイコン

台湾メーカーのBryton(ブライトン)は、エントリーモデルは1万円以下、ハイエンドモデルでも2万円台と、非常に魅力的な価格設定のGPSモデルを展開。

安価な分、画面解像度が粗く、またナビまわりの使い勝手は他メーカーに劣る点は留意する必要がありますが、2018年に発売されたミドルグレードの“Rider410”と、フラッグシップの“Aero60”はGPS精度が向上。国内ではチーム右京とスポンサー契約を結ぶように、プロユースにおいても問題のない機能性を持ちます。

各メーカーの中で際立つのは、やはりGarminの安定性
ほかのメーカーは操作性・価格・拡張性などそれぞれ突出した部分があるものの、モデルによってはトータルバランスでGarminに及ばない部分も。
しかし追随するメーカーは、積極的なファームウェアアップデートで徐々に機能・使いやすさが改善されており、通常使用の中ではほぼ気にならないレベルになっています。

ここからは価格帯別に各メーカーのモデルを比較。それぞれの特徴を踏まえてベストなモデルを見つけてください。

 

3. 主要ラインナップ クラス別比較表

エントリークラス4機種(¥20,000前後)

GPSサイコンとして必要最低限の機能を備える¥20,000前後は2018年に新機種が続々登場し、もっともアツい価格帯。
地図表示はできないものの、一部を除いてナビは備えているので、新たな道を開拓することも可能。

メーカー Garmin Lezyne Xplova Bryton
モデル


Edge130


SUPER GPS


X3

Bryton Rider410
Rider410

発売 2018.6 2016.12 2018.3 2018.6
定価 ¥23,800 ¥16,800 ¥19,800 ¥14,300
ディスプレイ 1.8インチ モノクロ 2.0インチ モノクロ 2.2インチ カラー 2.3インチ モノクロ
重量 33g 76g 80g 71g
操作 ボタン ボタン ボタン ボタン
バッテリー 13時間  24時間 20時間 35時間
地図
ナビ
特徴 軽量 長持ちバッテリー カラー液晶 低価格
購入リンク Amazon(セット)
Amazon(単体)
Amazon
Amazon
Amazon

各モデルの特徴

Garmin Edge130:パワー計測が平均/ラップ/最大しか表示できない制限はありますが、それ以外はGarminらしさを体験できる安定の仕上がり。ディスプレイがかなり小さいので視認性は劣ります。
Lezyne SUPER GPS:Lezyneらしくバッテリーの持ちが良く、値段もナビ付きの中でかなり魅力的。
Xplova X3:機能的な特徴は薄いものの、ほかにはない大きなカラー液晶の見やすさが特徴。意外とバッテリーも強い。
Bryton Rider410:ナビ機能はないものの、パワーメーター接続もできるためトレーニングには必要十分なスペックを持つ、いわゆるコスパ最強モデル。

どのモデルを選ぶ?

やはりバッテリーの持ちの違いからSUPER GPSRider410の使い勝手が良くなると思います。価格対スペックを見ても、Garminと比較するとかなり良心的。

 

ミドルクラス5機種(¥30,000前後)

スタンダードモデルが揃う¥30,000前後は最も人気の価格帯。あらゆる機種のベンチマークとなるGarmin Edge520Jを筆頭に、多機能なモデルが揃っています。

メーカー Garmin Wahoo Lezyne Bryton
モデル

Garmin Edge520J
Edge520J

Wahoo Elemnt Bolt
ELEMNT BOLT

Lezyne mega c gps
MEGA C GPS

Lezune Mega XL GPS
MEGA XL GPS

Bryton Aero 60
Aero60

発売 2015.10 2017.6 2018.6 2018.6
2018.10
定価 ¥36,000 ¥32,000 ¥24,000 ¥24,000 ¥23,800
ディスプレイ 2.3インチ カラー 2.2インチ モノクロ 2.2インチ カラー 2.7インチ モノクロ 2.3インチ モノクロ
重量 60g 60g
73g 83g 71g
操作 ボタン ボタン
ボタン ボタン ボタン
バッテリー 15時間 15時間
32時間 48時間 32時間
地図

ナビ

特徴 ・必要な機能を揃える
・ベンチマークモデル
・エアロ形状
・KICKRとの連動
・LEDナビ
・長持ちバッテリー
・見やすいカラー液晶
・圧倒的バッテリー
・大画面
・長持ちバッテリー
・エアロ形状
購入リンク Amazon(セット)
Amazon(単体)
Amazon Amazon
Amazon
Amazon

各モデルの特徴

Garmin Edge520J:StravaライブセグメントやVO2 Max、ナビ機能、スマートフォンへのBluetooth接続など、コンパクトな筐体にフル機能を揃えた定番モデル。地図はプリインストールされていないので自分で入れる必要があります。
ELEMNT BOLT:機能面ではナビ機能を持つGarmin Edge820に近いレベルで、ナビゲーションもLEDを用いた色覚的なインターフェイスがわかりやすい。またサイコンでも空力を考慮したエアロ形状というのが面白い。
Lezyne MEGA C GPS:シャープ製カラー液晶を採用して「見やすさ」を重視したモデルで、特にナビゲーション時に進むべき道が見やすいのが特徴。
Lezyne MEGA XL GPS:圧倒的48時間バッテリーで泊りがけのライドでもOK。そしてディスプレイも大きく、縦・横どちらでも使える新しいサイコン。
Bryton Aero 60:ブライトンの機種で唯一地図+ナビが付き、他メーカーの機能と肉薄する機種。ELEMNT BOLTと同じくエアロ形状も強み。

どのモデルを選ぶ?

いずれも秀でた部分があり絞り込みが難しいミドルクラス。
失敗しないモデル選びならEdge520J、KICKRを所有している/したい場合やエアロを極めるならELEMNT BOLT、バッテリーとコスパ重視ならMEGA XLというような観点で選ぶことができます。

 

ハイエンドクラス4機種(¥40,000〜)

タッチスクリーンモデルが含まれ、操作性や液晶の見やすさが格別に向上するハイエンドクラス。高価ですが、各モデル便利な付加価値が備わっています。

メーカー Garmin Wahoo Xplova
モデル

garmin-edge820
Edge820J

garmin edge1030
Edge1030

wahoo elemnt
ELEMNT

xplova x5 evo
X5 Evo

発売 2016.9 2017.10 2016.7 2017.10
定価 ¥49,800 ¥86,000 ¥39,800 ¥49,800
ディスプレイ 2.3インチ カラー 3.5インチ カラー 2.7インチ モノクロ 3インチ カラー
重量 67.7g 123g
99.2g 120g
操作 ボタン+
タッチスクリーン
ボタン+
タッチスクリーン
ボタン ボタン+滑らかな
タッチスクリーン
バッテリー 15時間 20時間
17時間 12時間
地図
ナビ
特徴 ・ナビ機能
・事故検出
・巨大な画面サイズ
・拡張バッテリー
・ルート自動生成
・Boltより大画面
・KICKRとの連動
・LEDナビ
・滑らかな操作
・ビデオカメラ
購入リンク Amazon(セット)
Amazon(単体)
Amazon(セット) Amazon
Amazon

各モデルの特徴

Garmin Edge820J:520Jに地図+ナビ機能を強化したGarminのフラッグシップモデル。いつも新たな道を開拓したいサイクリストにとっては520Jよりも820Jの方が最適。
Garmin Edge1030:GPSサイコンの頂点に君臨するモデル(価格もそう)。ほぼスマートフォンな大きさに、メッセージング機能や自動ルート生成機能などのさまざまな付加価値。さらに拡張バッテリーもあり、長時間サドルの上で過ごしながら未踏の地を開拓するサイクリストのためのモデルと言えます。
Wahoo ELEMNT:ELEMNT BOLTとの大きな違いはディスプレイサイズとバッテリー駆動時間のみ。
より視認性の高いモデルを求めるならELEMNTを。
Xplova X5 Evo:サクサクUIで端末設定やナビもラクラク。ドライブレコーダーとしても使える動画撮影機能付き(バッテリーには注意)。WiFi接続でしかスマートフォンと連動できないところは弱点。

どのモデルを選ぶ?

価格レンジが広いため予算次第というところもありますが、ナビ付きスタンダードモデルを求めるならEdge820、開拓精神溢れるブルベライダーはEdge1030、ドライブレコーダーが必要だったりサイコンのUIを重視するサイクリストはX5 Evo、というような観点で絞り込むことができます。

* * *

GPSサイコンひとつ取り付けるだけで、走りの質の楽しみも大きく変わるもの。この記事を参考に自分に合ったモデルを見つけ、さらなるロードサイクリングの深みへと駆け出してください。

こちらの記事もおすすめ