ダブルニットの気持ち良さ。dhb「Aeron Winter ベースレイヤー」レビュー

Text by Tats@tats.cyclist

冬ウェアのレイヤリングの中でも重要なベースレイヤー。
ここを手抜きすると、いくら上質なトップスを羽織っていたとしても、ライドのコンディションはだだ下がり。

だからある程度コストをかけるべき部分ですが、ベースレイヤーは機能性重視のウェアなので失敗はできません。
そんな中で着る「dhb」のベースレイヤーは、想像を上回る気持ち良いクオリティ。あらゆるサイクリストにとって充分すぎる満足度をもたらしてくれます。

※本レビューで使用するベースレイヤーはWiggle CRC提供のものです。

Aeron Winter 長袖ベースレイヤー

dhb Aeron Winter ベースレイヤー 表面

Aeron Winter 長袖ベースレイヤー(¥5,000)

dhbの冬用ベースレイヤーは「メリノ」と「Aeron(エアロン)」の2種があります。ライドスタイルを選ばない天然素材のメリノに対し、Aeronは高強度のライドに最適化された化繊系のもの
そのため機能面での工夫がいくつか感じられます。

柔らかいダブルニット生地

ベースとなる生地は“ダブルニット”が使われています*。
この生地、すごくよく伸びて柔らかい。ベースレイヤーの柔軟性はとても重要で、特に冬は厚手のウェアをレイヤリングするため、体の動きに追従できる柔らかさはとても助かります。

ストレスフリーな伸びる生地

着心地のストレスもなく、すんなりと肌に馴染む感覚。メリノのようなやさしさではなく、化繊系のサラッとした感触は、着た瞬間から「これ気持ちいい」と感じることができます。

*ダブルニット:表と裏を別糸で同時に編んだ二重構造のニット。シングルニットよりも厚みがあって伸縮性に優れている。

ちゃんと暖かい

ベースレイヤーは空気の層がしっかりできるかどうかで保温性が変わってきます。
おそらくダブルニット生地の効果だと思いますが、体温が体の周りを覆うように暖かさに包まれます。首都圏の冬の気温(3〜5℃)でも、走り出して体が熱を帯びると、自然と暖かい空気の層が体温の低下を防いでくれます。

汗抜け抜群

ダブルニットの内側は「疎水性ポリプロピレン糸」を使用。
僕は汗が目立って出るような体質ではありませんが(よく「いつも涼しそう」と言われる…)、冬でも峠を上ったり平坦の強度を上げたときにはしっかり汗が出るもの。そんなときでもAeronを着ていると体が蒸れません。さらさらした感触が持続するので、透湿性に優れていることを実感します。

背面はメッシュになっていて放熱されるつくり。強度の高いウィンターライドでも大丈夫。

サイズ感

dhb Aeron Winter ベースレイヤー着用イメージ

身長177cm/胸囲86cmでXSを着用。
サイズガイドだと胸囲89.5cm以下のサイズが存在しなかったため少し大きめになるかと思いましたが、実際に着るとほんの少し生地が余るくらいでぴったり。
決してタイトめにつくられているわけではないので、サイズガイド通りに選択すればOKです。

間違いのないベースレイヤー選びができる

僕自身これまでアンダーアーマーやRaphaをはじめとして7〜8ブランドほどベースレイヤーを使ってきていますが、その中でdhbも安心して選択できるクオリティだと感じます。

¥5,000という予算感は冬のベースレイヤーとしてリーズナブルだし、保温性&透湿性に優れ、サイズ感もまず失敗しない。何より着心地がとても良くて、僕自身冬の定番ベースレイヤーになっています。

誰に最適?

  • ・3〜15℃あたりでしっかり走り込みたい
    ・汗の不快感を抑えたい
    ・ベースレイヤーのコストを抑えたいが品質にはこだわる

Highs

  • ・着心地が軽やかで気持ち良い
    ・3〜10℃に対応できる保温性
    ・汗の抜けが良い速乾性
    ・価格に十分満足できるクオリティ

Lows

  • ・胸元のdhbロゴの存在

Aeron Winter ベースレイヤーを購入する

Aeron Winter ベースレイヤー(Wiggle)