いつものライドに、可愛らしいスパイスを。Blackmore「Quack Pac」レビュー

Blackmore Quack Pac財布

Text by Mei@meisan-no-yakata

ここ最近、海外ブランドのウェアが流行して、身なりにこだわるサイクリストの方が増えてきています。
「ウェアをかっこよく揃えたからには持ち物にもこだわりたい」───そう感じると思います。

私も海外ウェアブランドが出している財布を選ぼうとしましたが、そのほとんどは手が届きにくい価格帯のものばかり。サイクリングをするときだけ使えればいいけどこの価格か…と、少し悩んでしまいます。

そんなときに見つけたのが、英国のブランド“Blackmore(ブラックモア)”の財布。
初めて見たとき思わず「かわいい!」と声を挙げてしまったほどの可愛さと、コストパフォーマンスを兼ね備えている、そんな財布を紹介します。

*本レビューのQuack PacはBlackmore提供のものです。

Blackmore – Quack Pac

Blackmore Quack Pac財布外観

Quack Pac Ride Pac(¥3,883)

“Quack Pac”はBlackmoreのトレードマークであるアヒル柄がプリントされたウォレット。Quackは「アヒルの鳴き声」の意味で、パッと目に入るたくさんのアヒルさんから、可愛い鳴き声が聞こえてきそうなデザインです。

サイクリングジャージのポケットにピッタリのサイズで、防水加工が施されているため、汗や雨に強いのも特徴。

使い勝手の良い素材

表面はポリエステル製。汚れがついてもさっと優しく拭くだけで綺麗になります。

生地とジッパーの防水性能がしっかりしているため、隙間から水は入らず、ポケットに入れて中身が湿ることもありません。

手に持ったときの密着感と、ポケットにしっかりと収まっている感で、貴重品を安心して扱うことができます。

ジッパーのタブがさりげなく、可愛いです

サイクリング財布の中でも抜群の収容力

Quack PacはiPhone Max系のような大きなスマートフォンがそのまま入るサイズ感
私の場合、スマホはハンドルに取り付けているため、その代わりに普段持ち歩くリップやコームを収納しています。

Blackmore Quack Pac財布収容力

普段持ち歩くものを全部入れても、この余裕。
インナーポケットは4つあり、カードホルダー&ゴム仕切り&ジッパー仕切りでお札・小銭・鍵などを分類して収納することができます。

カードも、私がライドで持ち歩くのは2,3枚程度ですが、7枚くらいは入る余裕があります。
内側は起毛素材なので貴重品を優しくホールドしてくれるし、飛び出す心配もないため、激しくダンシングしても大丈夫なのが良い(笑)。

コーディネートに可愛らしいスパイス。

こうした機能面の良さだけでなく、可愛いデザインのおかげでウェアやカフェの雰囲気に馴染みます。

カフェ写真をInstagramにあげるのも、映えていい感じ

カラフルなアヒルさんですが、決して色はキツくなく優しめな色合い。
シンプルなデザインが多いサイクリングウォレットの中で、Blackmoreは遊び心がありつつも、派手すぎない、ちょうど良い可愛さがあると思います。

Blackmore Quack Pac財布バックポケット

ジャージのポケットからちらりと見せてみたくなる

自転車とウェアでコーディネートを楽しむだけでなく、持ち物もコーデの一部に取り入れるとグッ楽しみが広がります!
次は何とQuack Pacを合わせようか、週末のライドが楽しみです。

Highs

  • ・明るくカラフルな可愛らしいデザイン
    ・バックポケットでも蒸れない防水加工
    ・抜群の収容力
    ・良心的な価格

Lows

  • ・少しジッパーの開閉が固い
    ・デジタルプリントのため、値段相応に見える

Quack Pacを購入する

Blackmore Quack Pac財布外観

Blackmore公式サイト

Text by Mei@meisan-no-yakata
Photo & Edited by Tats@tats.cyclist