LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

【レビュー】Peloton de Paris ウィンタージャージで冬をスタイリッシュに過ごす。

peloton de paris - switchback jersey

おしゃれな海外ブランド第8弾で紹介したベルギーのサイクリングアパレルPeloton de Paris -プロトン・ド・パリ。

以前レビューした同ブランドの半袖ジャージは、その美しいデザインから、それまでで一番大きな反響をもらいました。
【レビュー】Peloton de Paris 美しすぎるサイクルジャージ
華やかな見た目がとても気に入っていて、オンシーズンでは着る頻度が最も高いジャージのひとつになっています。

今回、冬用のロングスリーブジャージが新たにリリースされたので、詳しくレビューしていきます。

※本ジャージはPeloton de Parisより提供いただいたものです。

Peloton de Parisについて

Peloton de Parisは、WendyとVincentの夫婦が立ち上げたブランド。2人でカフェを併設した同名の自転車ショップをベルギーのメヘレンで営業していて(RidleyやRITTEを取り扱っている)、そこで作られたチームジャージから派生し、アパレルブランドとして誕生しました。

Peloton de Paris カフェ

スクリーンに映されたレースを見ながらコーヒーやベルギービールを楽しめるカフェ

ウェアのデザインはインハウスで起こしていて、ファッショナブルで美しいサイクルウェアを提供することを第一の目的としています。また2人はサイクリングのコミュニティに積極的に関与しているため、チームメイトのニーズをすぐに吸い上げてプロダクトに反映させています。

前回のレビューでも書いたように、デザインの美しさと合わせて、ナショナルチームからの信頼も高いBioracer製のウェアは、すごく良い品質に仕上がっています。

Switchback – スイッチバック

Switchback Black Storm Long Sleeve Jersey – €120

今回レビューするのは、冬のライドのためにつくられた“スイッチバック”という名のロングスリーブジャージです。

外観

Switchback Jersey フロント
Switchback Jersey リア

ウィンタージャージは冬のカジュアルファッションと同じようにシックになる傾向があり、このジャージも比較的落ち着いた雰囲気。
しかしブルーグリーンであしらわれた2色のラインが色鮮やかで、ベースカラーのブラックに対してとても映えるようになっています。
さらにこのスイッチバックのモチーフラインは、山のつづら折りをイメージさせ、苦しくてもなぜか峠を目指してしまうサイクリストにとってぴったりのデザイン。

表面

Switchback Jersey 胸部分

表面はつるつるとしていて目が細かく、風を通しにくい素材。また撥水性もあり、ちょっと雨に降られたくらいでは染みないようになっています。    

Switchback Jersey ジッパー

よく聞く「サイクルジャージは派手な方が良い」という意見は一概には同意できないですが、こういったアクセントカラーによる鮮やかさはすごく好き。

襟周り

Switchback Jersey 襟1

首元まで襟が詰まっているので、ネックチューブを使用しなくても中に風が入ってこなくて暖かい。

Switchback Jersey 襟2

クライマーが湧き踊るフレーズ、“どんな山も充分な高さではない”。
見えない襟裏に仕込まれたアフォリズムによって、僕らは高いところへ自然と突き動かされるのです。どんなに寒いときだってそう運命づけられている。

袖口

Switchback Jersey 袖口2

袖の長さはちょうど良い位置。人によっては少し短いと感じるかもしれません。

バックポケット

Switchback Jersey バックポケット

バックポケットは入り口のゴムで中のものがしっかりホールドされます。

Switchback Jersey バックポケット2

小さめの第4のポケットは防水仕様。

裏地

Switchback Jersey 裏面
Switchback Jersey 裏地

生地はポリエステル100%。起毛していて、少しだけ肉厚なので保温性高めです。

着用イメージ

Switchback Jersey 前面着用イメージ
Switchback Jersey 背面着用イメージ

177cm・胸囲86cm/XS

Athletic Fitとうたわれているようにタイトシルエット。さらに収縮色の黒が作用してシュッとして見えます
着るとラインの鮮やかさがさらに映えますね。普通に格好良いです。

対応気温について

ライドの強度や体感温度によって個人差はあると思いますが、中に着るものやジレやウィンドブレーカーなどアウターで調整すれば、冬の幅広い気温(5-15℃あたり)に対応するウェアです。
参考までに、僕の組み合わせ方は以下の通り。

10-15℃
薄手のインナーと組み合わせて着用:Rapha Pro team Baselayerfine trackのスキンメッシュなど

5-10℃
厚手のインナーと組み合わせて着用:同じPeloton de Parisのベースレイヤーや、アンダーアーマーのコールドギア

* * *

シックな黒、綺麗な差し色、そしてシャープなシルエットから、これ1枚ですごくスタイリッシュに見せることができます。
夏用ジャージがとても良かっただけに冬物の期待値も高かったのですが、その期待を裏切らない素敵なウェアに仕上がっています。

どんなに朝寒くても、これを着て峠を目指すしかありません。バックポケットにウィンドブレーカーをしのばせて。

Peloton de Parisの冬用ウェアを見る

Peloton de Paris Long sleeve collection

Peloton de Paris公式サイト

ロングスリーブジャージはメンズ4色、ウィメンズ1色展開。さらに極寒を乗り切るためのウィンタージャケットもラインナップされています。