凛として咲く。Black Sheep Cyclingのフローレンスジャージ。

Black Sheep x Florence Broadburst レビュー

text/Mei@meisan_no_yakata

花に託された想い。

少し前に、世間では「〇〇女子」という言葉をめぐって、ジェンダーバランスへの意識の欠如や、女性に対する男性的な固定観念などについて広く議論されることがありました。

自転車界について言えば、私もロードバイクに乗る女性像を求められることは少なくありません(無意識で、というのがほとんど)。
でも外見だけでなく、内面から出る自分らしさを大切にしたい多くの女性がいます。

そんな中、オーストラリアの「Black Sheep Cycling(以下BSC)」が力を入れて生み出しているのが、女性による、女性のために作られたジャージ。今回、ウォールペーパーブランドのFlorence Broadhurstシリーズ第2弾が登場しました。

*本レビューのトップスとインナーはCYCLISM提供のものです。

1. Black Sheep Cycling × Florence Broadhurst

4つのカラー展開となる本ウィメンズコレクションは、1930~70年代に活躍したウォールペーパーデザイナー、フローレンス・ブロードハーストのデザインをリスペクトしたもの。

彼女は1899年にオーストラリアのクィーンズランド州の田舎に生まれました。プロのパフォーマーとして舞台に立ったり、王族を相手にブティックを経営したり、自らの作品の個展を開きウォールペーパーの事業を始めるなど、厳しい時代に生きていながらも多彩に生きた女性でした。

BSCは、フローレンスの500点を超える素晴らしいデザインだけでなく、彼女の多様な人生にも心を打たれました。ユニークな個性、先祖がオーストラリア人であること、そして、時代や文化の枠にとらわれない、芸術的な表現とダイナミックなデザインパターンを生み出す──そんな彼女の存在自体が“黒い羊”(群れではなく自我を持つユニークな存在)であると。

サイクリングジャージにおいて、ここまで考えられたデザインを着ることができるのは貴重な体験だと思います。歴史的に名を残したデザイナーの生き様まで反映されたジャージ。その詳細をレビューしていきます。

 

2. トップス:WMN LuxLite Jersey

Black Sheep WMNジャージ
Black Sheep WMNジャージ背面

WMN LuxLite Jersey – Navy Gardenia(¥18,500)

この特別なデザインは、フローレンスによる「ガーデニア」の花の壁紙デザインをジャージに落とし込んだものです。私が着用しているのは“Navy Gardenia”というカラー。

一般的に花柄というと甘くなりがちかもしれませんが、フローレンスのデザインは、女性としての美しさと力強さを感じる凛としたもの。

丈も短くスタイルが良く見え、これ1枚で一気に様になる

もちろん花柄の可愛さはありますが、BSCのウェアとなると、総じて格好いい印象に仕上がります。それはロードバイクの乗車姿勢での美しさを引き出すタイトなカッティングのおかげ。
レース仕様のつくりは、着たときに身を引き締めさせてくれます。

Black Sheep WMNジャージ袖

左袖にFlorence Broadhurstロゴ。ワンポイントが可愛い

正面にはLuxLiteという柔らかく通気性のある素材、汗の出やすい背中や脇にはSweatMesh という40+の日焼け防止効果があるメッシュ素材が使われています。その着心地はサラサラ。

サイズ感

ジャージのサイズはS(身長167cm/胸囲85cm)を選びました。サイズガイドを見ると、私のサイズはちょうどXSとSの中間ですが、肩幅が広めなのでSを選択。写真でわかるように、サイズ感はぴったりです。

 

3. インナー:WMN Crop Top

Black Sheep Crop Topインナー

WMN Crop Top – Navy(¥7,500)

ジャージに合わせて中に着ているのは、私がとても気になっていたインナー「クロップトップ」。
カラーはネイビーのみで、今回のように同じカラーのジャージと揃えれば、セットアップのような感じにできます。

このクロップトップはレースフィットのため、カップはついてませんでした。カップがなくても形が透けることはないので安心です。ただシルエットを美しく保ちたいことを考えると、あまり普段使いには向かない面もあります。
サラサラした手触りで快適なため、走ることをメインに考える日にはいいと思います。

何よりも、インナーにこだわるのは自分だけがわかる楽しみ。
ほかの人に見せることだけがお洒落の醍醐味ではないと思うので、自分の内側にあるモチベーションを上げるために取り入れるアイテムだと感じています。

 

4. Say it with flowers. – 想いを花に託して –

女性は人生を自分らしく生きるために、大きな壁がいくつも立ち並びます。

自分のキャリアや、パートナーとの関係、家族を支えることなど、外から求められることも多く、自分の個性を大切にし続けることが難しいときもあります。

そんなとき、自分が好きな自分でいられるように、周りの目を気にしない、群れではなく自我を持つユニークな存在として“黒い羊”になってみるのはどうでしょうか。

フローレンスのコレクションのように、Black Sheep Cyclingは女性のサイクリングを応援しています。
ぜひInstagramで #lovewomenscycling をつけて投稿してみてください。

世界中の黒い羊たちと繋がることができますよ。

Black Sheepウィメンズ一覧を見る(CYCLISM)

text/Mei@meisan_no_yakata
photo/Tats@tats.cyclist