LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

ツール・ド・フランス2017で結果を出したメーカーと使用バイクのまとめ

tour de france 2017 winners' bikes昨年に引き続き、7月に開催されたツール・ド・フランス2017において、個人&チーム総合のリザルト上位が使っているバイクのメーカーと使用車種を一覧にしました。

世界で最も有名なお祭りレースだけあって、各メーカーにとってはメディア露出によるセールスへの影響が大きいもの。今年は序盤から波乱があったように、昨年と比較するとリザルトの変化が大きく面白いので、今“強い”ロードバイク選びの参考に。
※データ参照元:http://www.jsports.co.jp/cycle/tour/

1. チーム総合

算出条件:各ステージのチーム内上位3選手の累積タイムで順位が算出される

  • *メーカー名クリックで主な使用バイクへリンクします(メーカーまたは代理店サイト)。
    *リザルトとしては後述のマイヨ・ジョーヌ以降がメインですが、全チームを一覧表示するためにチーム総合順位を先に紹介します。
 順位 前回  チーム名/国  バイク
1 2 チームスカイ/英 Pinarello
2 4 AG2R ラ・モンディアル/仏 FACTOR
3 7 トレック・セガフレード/米 Trek
4 3 BMCレーシングチーム/米 BMC
5 12 オリカ・スコット/豪 Scott
6 1 モヴィスター チーム/スペイン Canyon
7 19 キャノンデール・ドラパック/米 Cannondale
8 20 フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト/仏 LOOK
9 21 ロット・ソウダル/ベルギー Ridley
10 5 アスタナ プロチーム/カザフスタン ARGON18
11 10 UAEチームエミレーツ/UAE Colnago
12 14 チームサンウェブ/独 Giant
13 17 ディレクトエネルジー/仏 BH
14 ワンティ・グループゴベール/ベルギー CUBE
15 13 クイックステップ フロアーズ/ベルギー Specialized
16 18 コフィディス、ソリュシオンクレディ/仏 ORBEA
17 16 チームロットNL・ユンボ/オランダ Bianchi
18 15 ボーラ・ハンスグローエ/独 Specialized
19 9 チーム カチューシャ・アルペシン/スイス Canyon
20 バーレーン・メリダ/バーレーン MERIDA
21 22 ディメンションデータ/南アフリカ Cervélo
22 11 エフデジ/仏 Lapierre

チームスカイ×Pinarelloの安定感は資本力に拠るが、そのブランド力を堅持。
・サガン、キッテル離脱やキンタナ不調等が影響し、昨年目立ったSpecializedCanyonあたりは最終的に少し大人しい結果に。
・ただしSpecializedにおいてはキッテルやサガンが勝利を挙げており、トータルステージ優勝数は“7”とメーカー別でダントツ1位。

ピックアップバイク

O2(FACTOR)

FACTOR O2 2007年創設の英国メーカーFACTORがUCIワールドチームへの機材初供給で、個人総合3位・チーム総合2位・第12ステージ勝利と大健闘。AG2R自体が強いのもあるが、新興メーカーの実力と存在感も示した。
O2は740gの軽量フレームとガチっぽくないフラットデザインが素敵(
フレームセット: ¥540,000)。

Litening C:68(CUBE)

CUBE litening ツール初参戦で健闘したワンティ・グループゴベールのフレームは、ドイツのメーカーCUBE。LITENING C:68は軽量・高剛性フレームにDura Ace Di2とFulcrumホイールという王道の組み合わせ (完成車価格: ¥832,000)。
日本には昨年より上陸しており、これから知名度を上げていくか。

Venge ViAS Disc(Specialized)

s-works Venge ViAS disc リタイアしたものの、ステージ通算5勝を挙げたキッテルのVenge(フレームセット: ¥480,000)。実質今回の最強バイクとも言える。

 

2. 個人総合(1〜10位)

maillot jaune獲得条件:全ステージを合わせた累積タイムの最も早い選手が総合優勝となり、マイヨ・ジョーヌ(イエロージャージ)を獲得

 順位  選手名(チーム名/チーム総合順位)  バイク
1 クリス・フルーム(スカイ/1) Pinarello
2 リゴベルト・ウラン(ドラパック/7) Cannondale
3 ロメン・バルデ(AG2R/2) FACTOR
4 ミケル・ランダ(スカイ/1) Pinarello
5 ファビオ・アル(アスタナ/10) ARGON18
6 ダニエル・マーティン (クイックステップ/15) Specialized
7 サイモン・イェーツ(オリカ/5) Scott
8 ルイ・メインチェス(UAEエミレーツ/ 11) Colnago
9 アルベルト・コンタドール(セガフレード/3) Trek
10 ワレン・バルギル(サンウェブ/12) Giant
  • ・フルームが3連覇、4度目の個人総合優勝。アシストのミケルも表彰台まであと一歩のところと、DOGMAどうぞお買い上げ状態。
    FACTORARGON18など新参メーカーの活躍が新しい風。
    ・昨年上位10人中3人を占めていたCanyonがTOP10圏外へ

ピックアップバイク

DOGMA F10(Pinarello)

pinarello dogma f10

常勝チームのバイクだけあって、性能に対する信頼性を獲得しているPinarello「DOGMA F10」(フレームセット: ¥625,000)。

SuperSix Evo(Cannondale)

Cannondale SuperSix Evo

第9ステージ勝利、そしてフルームに54秒差まで迫る個人総合2位と、ウランの活躍を支えた「SuperSix Evo」はCannondaleを代表する軽量・高剛性のオールラウンドバイク(完成車価格: ¥1,220,000)。

 

3. ポイント賞(1〜5位)

maillot vert獲得条件:トップスプリンター争い。各ステージの中間スプリントポイントゴールポイントを最も多く獲得した選手がマイヨ・ヴェール(緑ジャージ)を獲得

順位  選手名(チーム名/チーム総合順位)  バイク
1 マイケル・マシューズ(サンウェブ/12) Giant
2 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/9) Ridley
3 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ディメンション/21) Cervélo
4 アレクサンドル・クリストフ(カチューシャ/19) Canyon
5 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/20)  Merida
  • ・マシューズがGiantのプロペル(プロトタイプ)を操りマイヨ・ヴェールを初獲得。世界最速バイクの称号に箔がつく。
  • ・グライペルのRidleyは今回ステージ優勝はないものの2位ランクイン。

ピックアップバイク

PROPEL(Giant)

GIANT PROPEL ADVANCED SL 0 Giant技術の結晶プロペル。画像は2017モデル(完成車価格: ¥780,000)で、マシューズが乗ったプロトタイプは現時点では未発表。発売が待たれる。

※8/29追記…新型プロペルが発表されました(公式プレスリリース)。

 

4. 山岳賞(1〜5位)

malliot blanc a pois rouges獲得条件:クライマー頂上決戦。各ステージ峠の頂上にある山岳ポイントを最も多く獲得した選手がマイヨ・アポア(赤の水玉ジャージ)を獲得

順位  選手名(チーム名/チーム総合順位)  バイク
1 ワレン・バルギル(サンウェブ/12) Giant
2 プリモシュ・ログリッチェ(ロットNL/17) Bianchi
3 トーマス・デヘント(ロット・ソウダル/9) Ridley
4 ダルウィン・アタプマ(UAEチームエミレーツ/11) Colnago
5 クリス・フルーム(スカイ/1) Pinarello

・バルギルがGiantのTCR ADVANCED SLで登り、2位とポイント差を2倍以上つけて山岳賞を獲得。チームサンウェブがスプリントと山岳の2賞を獲得し、Giantの実力を示す。

ピックアップバイク

TCR ADVANCED SL(Giant)

GIANT TCR ADVANCED SL 山岳で結果を出したGiant「TCR ADVENCED SL」は軽量オールラウンドバイク。めまぐるしいアップダウンにも対応した(完成車価格: ¥850,000)。

* * *

今年は主力選手の落車祭りもあり、GIANTの2賞獲得&ステージ通算4賞、FACTORやCUBEの台頭など、機材面でも目立った変化が見られるリザルトとなりました。
選手がツールでどういう走りをするか、どう結果を出すかという点は、その選手が乗っているメーカーのブランドイメージ形成に大きく影響してくるため、今回も観戦者にさまざまなイメージを残したことと思います。もちろん、最終的な結果としては残らなかったものの、Specialized(Venge/Tarmac)やCanyon(Ultimate/Aeroad)といった人気バイクのブランド力は衰えることはなさそう。今後のレースでの活躍も楽しみにしています。

上記に出てくる各メーカーの特徴/イメージはこちらにまとめています。

バイクメーカーロゴロードバイク主要メーカーの特徴とイメージまとめ