全コンディション対応。Handskeの限りなく“素肌”なグローブ。

text/Tats@tats.cyclist

サイクリストがグローブに求めるものは、走り方や感覚に応じて変わってきますが、僕自身は、できるだけバイクとの一体感が得られるような選択をしています。だから短い距離では素手で乗ることもあり、長距離ではパッドが薄く素肌に近い感覚で使えるグローブを好んでいます。

Handskeが2020シーズンで新たにリリースしたショートフィンガーグローブは、そのニーズを捉えた、全コンディションに使えるグローブ。
想像以上に使用感が良く、その感触を詳しくレビューしていきます。

*本レビューで使用するグローブはCYCLISM提供のものです。

Handske

“Handske(ハンドスケ)”は、2018年にクラウドファンディングからはじまった、米国のサイクリンググローブ専門ブランド。そのチームを構成するSemとArdの2人は、それぞれ自転車業界で働くバイクマニア。
手頃な価格で優れた商品を提供するべく、シクロクロスでも、MTBでも、そしてロードでも使えるような丈夫なグローブを作っています。

Descend Cycling Glove | Comic Cycling Glove(各¥3,500)

今シーズンリリースされたショートフィンガーグローブは、デザイン違いで2種類。
このグローブも舗装路に使途を限っていなくて、CXやグラベルでも使えるようになっています。
その最大の特徴は「密着感」と「グリップ」の2つ。

密着感

これまで使ってきたグローブの中でも、最も肌馴染みが高いつくり。
昨今のジャージと同じようにかなりタイトにつくられており、周囲に隙間を作らず包みます。
最初は「少しきついかも」と思いますが、しっかり伸縮するため次第に馴染んできます。

甲側はエアログローブのように平滑な素材

スリムフィットの利点は、手とハンドルの間のズレが生じないので、ハンドリングにストレスを与えないこと
さらに見た目もすっきりします。

カメラ操作など細かい作業にも影響しない

グリップ

グリップ力も秀逸。というのも、手のひらに“H”のパターンがシリコンプリントされていて、これがすべてグリップになっています。
握る部分がすべてがっちりホールドされるので、汗がバーテープに染みても簡単にはずれません。

不意の雨嵐にも、ミスできない峠の長い下りでも安心。それが“全コンディション対応”となっている所以です。

機能美

親指部分の黒い生地はテリークロス(タオル地)。ここだけ厚みがあるので、しっかり汗を拭うことができます。

カフはよく伸びるゴム素材。ベルクロよりもフィットし、ほかのウェアにくっついて痛めることもないので安心。

中指と薬指にプルタブがついていて、ここを引っ張ってグローブを外します。

エネルギーに溢れるデザインとともに。

グローブは比較的シンプルなものが多めですが、Handskeはいつもさまざまな色柄を展開してくれます。そのデザインは、手元に華やかさを与えるだけでなく、バイクを握る手のひらに自信を与えてくれるエネルギーに満ちたもの。

そのデザインに、素肌に馴染むスリムなつけ心地と、雨でも滑らないグリップ力という機能美が加わったHandskeグローブ。
あらゆるコンディションで情熱的に使えるHandskeは、手元にひとつ備えておきたいグローブです。

サイズについて

上記サイズチャートを参考に、自分の手のサイズを測って選択してください。もし“周囲”と“長さ”で対応サイズがずれていた場合は、大きい方を選択することをメーカーが推奨しています。
僕は周囲18.8cm、長さ18.0cmでSサイズ、Ryujiは周囲21.0cm、長さ19.0cmでMサイズがフィット(少しゆとりがほしい場合はワンサイズアップします)。

Highs

  • ・限りなく素肌に近い使い心地
    ・強力な手のひらのグリップ
    ・通気性が高い

Lows

  • ・デザインの選択肢が2つしかない

Handskeグローブを購入する(CYCLISM)

text/Tats@tats.cyclist
photo/TatsRyuji@marusa8478