サイクルウェアのおしゃれな海外ブランド<第1弾>

サイクルウェアを買うとき、最初は予算も限られているので近所の自転車ショップやAmazonなどで安く入手できるものを選ぶことが多いと思います。そして着ていくうちに、もっとおしゃれなデザインのウェアが着たくなるもの。

サイクリング専用のウェアにわざわざ着替えて乗るのであれば、心ときめくウェアに袖を通したほうが気持ちが盛り上がります。もし気に入るウェアが国内でなかなか見つからないときは、海外ブランドに目を向けてみるのが最良の一手。

そこで本シリーズでは、日本へ配送可能なファッション性の高い海外ブランドを紹介していきます。

MAAP – マープ(オーストラリア)

MAAP

https://cyclism.jp/collections/maap-jerseys(国内代理店)

メルボルンでデザイン、イタリアで製造されているブランド。
新作投入のサイクルが早く、次々とトレンドに乗ったデザインを展開する最先端ブランド。基本レースフィットモデルなのでMAAPを着ている人は速そうに見えます。比較的高価なものの(¥18,000〜)、品質は最高クラス。
国内取扱ショップリスト

<送料:無料>

*MAAPウェア&シューズのレビューはこちら

CHAPEAU! – シャポー!(UK)

Chapeau

http://www.chapeau.cc/

ブランド名を表す“帽子”のマークを含めたジャージのデザインが全体的にかわいらしい印象のブランドで、ラインナップも豊富(£49.99〜)。
冬用ウェアや小物も充実しているので一式をリーズナブルに揃えることができます。

<送料:£5.20(£150以上購入で無料)>

ENDLESS – エンドレス(スペイン)

Endless

https://www.endless.es/

スペインのマドリードにあるブランド。色使い・ロゴ・柄どれをとっても文句のつけようがないかっこいいデザイン(€110)。イタリアで作られたスタイルはエアロ形状を究極化しており、とてもパフォーマンスの高いジャージです。

<送料:€20>

*Endlessウェアのレビューはこちら

la PASSIONE ラ・パッショーネ(イタリア)

laPassione

http://www.lapassione.cc

直販のみの取り扱いのため価格以上の品質を誇るイタリアのブランドです。
シンプルで清潔感に溢れるデザインが揃っていて、ジャージの値段もリーズナブル(¥9,562〜)。ソックスと合わせて爽やかに着こなしたいラインナップです。

<送料:€200(€100以上購入で無料)>

Morvélo – モルベロ(UK)

Morvelo

http://www.morvelo.com/

WigglePBKでも取り扱いがあるので、日本でも比較的知名度のあるブランド。
クラシカルなものからシンプルなものまでデザインのレンジが広い(£70〜)。ビブとセット柄になっているので、上下揃えるのもいいですね。

<送料:£5(100以上購入で無料)>

Velobici – ヴェロビチ(UK)

velobici

https://velobici.cc/

地元のニット産業を復興させるためにMade in UKをこだわり抜き、メリノウールを使ったウェアを中心に展開する2010年創設のブランド。
ネイビーやブラックが基調のシンプルなデザインで、胸に刺繍された「VB」の2文字が特徴的(£141.67〜)。
※2017年3月から日本での展開が始まりました。オンラインストアまたは大阪市西区靱本町にある“Velobici Showroom”で購入できます(1枚¥30,000〜)。

<送料:£20>

Atout – アトゥ(ポーランド)

atout

http://atout.cc/

かつてMackというブランド名でしたが、2016年9月よりブランド変更を行い“Atout”に(仏語で“切り札”)。
価格がかなり抑えられていて相応の品質であるものの、これだけ洗練されたデザインのものを手軽に入手できるブランドは他にありません(£65.79〜)。ソックスの豊富なラインナップもGood。

<送料:$6.26>

JAGGAD – ジャガード(オーストラリア)

Jaggad

https://www.jaggad.com/

もともとトライアスロンのブランドだったものを、現在の創業者が2013年に買収してアパレルブランドとして新生。カジュアルウェアとサイクルウェアを展開しています。
ジャージはデザインのバリエーションが幅広く、どれも文句なしにおしゃれ(¥13,138〜)。

<送料:$15-35 AUD($400以上購入で無料)>

Push Hard – プッシュハード(イタリア)

Push Hard

http://phapparel.com/en/

2015年にイタリアのパドヴァで創業したブランド。
PHのウェアは、頭から爪先までスポンサーのロゴが入った古典的なウェアへのアンチテーゼとして、おしゃれ過ぎないシンプルなデザインとなっており、ロードバイクに乗る自由な時間を気ままに過ごすことを表現しています(€90〜)。

個人的にSailor Jersey(販売終了)を所有していますが、着心地が良く、襟裏のさり気ないおしゃれがとても気に入っています。

<送料:€30>

Search and State – サーチ・アンド・ステイト(USA)

https://searchandstate.com/

2012年にニューヨークで設立されたブランド。
すべてのウェアをマンハッタンの中心にある商業地区ミッドタウンで制作していて、その品質は折り紙付き。
非常にベーシックなデザインを中心に洗練されたスタイルのウェアを展開しています($160.00〜)。
日本ではサークルズ(名古屋)で入手可能。

<送料:$20.00>

 

海外ブランド<第2弾>を見る

すべてのラインナップはこちら

サイクルウェア海外ブランドまとめ
LOVE CYCLISTで紹介しているサイクルウェア海外ブランドシリーズへのリンクをまとめています。

はじめて海外サイトで買い物する方へ

海外通販の購入手順とポイント
購入時のフォーム入力方法や、返品・交換したいときなどの英語での問い合わせ例文を紹介しています。