LOVE CYCLIST

ロードバイクを本気で楽しむ人のためのブログ

【症状別】真冬でもロードバイクが楽しめる防寒アイテム13選

 

真冬のサイクリングに必要なもの真冬になると、通常のウェアの着こなしだけでは寒さに耐えられなくなってきます。
強度を上げれば体幹は温めることはできますが、手足など体の末端はどれだけ激しく運動しても風を受けて冷えていってしまうもの。

そこで症状別に体の冷えを緩和するアイテムを紹介するので、各アイテムを組み合わせて真冬のロードサイクリングを少しでも快適に過ごすための参考にしてください。

 

【症状1】顔・耳が冷える

ヘルメットは風通しが良いので頭が冷えやすく、極寒のサイクリングでは判断力の低下につながることも。
加えてつらいのが耳の冷え。何も対策をしないと耳の痛みが耐えられないほどになることもあります。

ウィンターキャップ/ビーニー

ウィンターキャップ耳まで覆うことができる冬用のサイクルキャップ。通常のサイクルキャップと同じ感覚で使用でき、これひとつで頭と耳の冷えを守ってくれるので暖かく見た目もすっきり。

ウィンターキャップを購入する

 おすすめ  [Sportful]EdgeキャップWiggle)、[SealSkinz]ReflectiveキャップWiggle
ウィンターキャップ商品一覧:AmazonWiggle

イヤーウォーマー/ヘッドバンド

イヤーウォーマー耳まわりを覆うもの。私服でも使うような後頭部から覆うイヤーマフと、頭部に巻きつけるタイプがあります。

イヤーマフはとても暖かいですが、首を左右に動かすと位置がずれやすいので、後方確認がしづらく、ゆるい通勤ライドなど用途が限られます。
巻きつけるタイプは通常のサイクルキャップと併用もできるので、耳の冷えが特に気になる場合は最適。

イヤーウォーマーを購入する

 おすすめ  [Sportful]EdgeヘッドバンドWiggle 
イヤーウォーマー商品一覧:AmazonWiggle

バラクラバ

バラクラバいわゆる目出し帽。これひとつで首から上の視界以外を完全に覆うので、キャップやフェイスマスクを買い揃えるよりもコスパが良いアイテムです。
見た目でこれの着用を許容するかどうかは個人の判断になりますが、お店に立ち寄る時は必ず外す必要があります。

バラクラバを購入する

 おすすめ  [ンベル]ジオラインLW バラクラバAmazon 
バラクラバ商品一覧:AmazonWiggle

 

【症状2】指先が冷える

指先はブレーキやシフターを操作する上で重要な役割があるにも関わらず、風を直接受けるので非常に冷えやすい部位です。まず防風性能の高いグローブを利用するのはもちろんのこと、すでに持っている手袋を活用しつつ、アイテムをアドオンして防寒性を高める対策も有効です。

インナーグローブ

インナーグローブウィンターグローブの問題点として、ブレーキ・シフター操作がしづらいという点と、汗をかいたときに外に逃げにくいという点があります。
そこでインナー手袋を導入。薄手で一見心許ないですが、操作性に影響を与えないことに加え、汗を排出するので指先が常にドライに保たれて快適になります。意外と指先の冷えは、過度な防寒グローブで汗をかいてしまい、それが冷えてしまうことが原因なこともあるので、1枚内側にドライレイヤーを挟むと快適性が全然違います。
またインナー手袋があると、気温の変化に応じてインナーを脱着して暖かさを調整できるというのもメリット。

インナーグローブを購入する

 おすすめ  [finetrack]パワーメッシュインナーグローブAmazon)、[パールイズミ]インナーグローブAmazon
インナーグローブ商品一覧:Amazon

ハンドルカバー

ハンドルカバー

ママチャリの冬の強い味方ハンドルカバーは、我々サイクリストのためにも用意されています。
バーミッツと呼ばれるドロップハンドル専用に設計されたハンドルカバーは、(見た目はともかく)極寒の地方でサイクリングをする場合に指先の冷えを守るには非常に効果の高いアイテム。シマノ・カンパ・スラムに対応していますが、下ハンドルは握れないので、本格的なサイクリングというより通勤用などに向いていると言えます。

ハンドルカバーを購入する

[バーミッツ]ドロップバー用ハンドルカバーAmazon

 

【症状3】つま先が冷える

高速で脚を回転させながら風を切っているとそれはもうつま先が冷えます。感覚がなくなって力も入らず、次第に痛くもなってきます。
ロードバイクのシューズは風通しが良いものが多くそこから冷えてくるので、風から来る冷えを防ぐためのアイテムを4つ。

つま先用カイロ

ホッカイロ効果はあまり持続しませんが、足の甲にカイロを貼るのはローコストで導入できる冷え対策です。
ただシューズのフィッティングを圧迫する可能性もあるので無理のない範囲で。

つま先用カイロを購入する

つま先用カイロ商品一覧:Amazon

ウィンターソックス

ウィンターソックス冬用のソックスは、通常のソックスよりも少しだけ厚手のものを選びます。さらにメリノ素材だと、保温性が高いため暖かく快適になります。
ウィンタースポーツ用などの厚すぎるソックスは、シューズのフィッティングが変わってしまうのでご注意ください。

ウィンターソックスを購入する

 おすすめ  [Rapha]PRO TEAM WINTER SOCKS公式サイト
ウィンターソックス商品一覧:AmazonWiggle

トゥカバー

トーカバーつま先を覆うカバー。着脱が簡単なので、靴全体を覆うオーバーシューズを使うほどでもないというときに最適です。
オーバーソックスやオーバーシューズを持っていれば、重ね履きして使うのも有効。
真冬にトゥカバーを使っている仲間にどれくらい効果があるか聞いたところ「ないよりは多分まし」。

トゥカバーを購入する

トゥカバー商品一覧:AmazonWiggle

オーバーソックス

オーバーソックスソックス生地でシューズ全体を覆うもの。オーバーシューズと比べると安価に導入できるのが良いところです。
ただ防寒性能も劣るので、走行条件に合わせてオーバーソックスにするかオーバーシューズにするか選択します(ソックス生地でも商品名で“オーバーシューズ”と謳っているものもあるので、素材で判断します)。

オーバーソックスを購入する

 おすすめ  [Rapha]Reflective Oversocks公式サイト)、[MAAP]Oversocks公式サイト
※オーバーソックスのAmazon/Wiggle商品一覧は下記オーバーシューズの中に含まれます

オーバーシューズ

オーバーシューズオーバーシューズはエアロ効果を目的とした薄手のものと、防寒を目的とした厚手のものがあります。
冬に向いている厚手のオーバーシューズは値段も張りますが、その分防寒性能も高く、ペダリング中に風を通さず足元の温もりをキープしてくれます。足元の防寒としては最も定番で安心できます。

オーバーシューズを購入する

 おすすめ  [Morvelo]Stealth Stormshield オーバーシューズWiggle
オーバーシューズ・ソックス商品一覧:AmazonWiggle

 

【症状4】走り始めがきつい

朝の冷え込みが厳しい中、体が温まっていない状態で漕ぎ出すのは本当につらいもの。少しでも走り始めを楽にするための防寒アイテムを2つ。

ジレ

ジレジレを朝の冷え込みに最適と謳っているメーカーもあるように、ジレは体幹を冷やさないのでまだ体が温まっていない走り始めに最適。寒さ対策にウィンドブレーカーを使うサイクリストは多いですが、袖のバタつきがなくバックポケットもあるジレのほうが個人的には使いやすいです。
走り初めにジレを着込んで、体が温まってきたらジッパーを下げて調整しています。
ジャージ含めバックポケットを6つ使えるというメリットも(持ち物を小分けにできます)。

ジレの着こなしについてはこちらを参考にしてください。
ジレで寒い季節を快適に乗り切る!(コーディネート例付き)

マッサージジェル

マッサージジェルマッサージジェルはウォーミングアップに使うためのもので、血行を良くして筋肉を温めることができるもの。
走る前にジェルを足や腕に塗ってしっかりマッサージしておけば、筋肉の温度が上がって運動に最適な状態になります。寒いと準備運動を怠りがちになりますが、ジェルを使えば自然と筋肉をほぐすことができます。脚のつり予防にも最適。

マッサージジェルを購入する

 おすすめ  [phiten]ウォーミングアップジェルAmazon
ファイテンのウォーミングアップジェルは、動く前に塗るための温感ジェルです。足回りに塗ってほぐしておくと、走り始めが楽になります。

ホットクリーム

ホットクリームウォーミングアップジェルが筋肉をほぐして温めるのに対して、ホットクリームは皮膚の表面を温めることで、寒い外気から体を守るもの。
筋肉のマッサージと併用すれば血行も良くなるので、寒がりには最適なアイテムです。肌の弱い方はヒリヒリするかもしれないのでご注意ください。

ホットクリームを購入する

 おすすめ  [Sportsbalm]Muscle Balm レッド02AmazonCRC
※Sportsbalmが出しているレッドシリーズは01〜03まで対象気温に応じて使い分けができます(代理店サイト)。レッド03は0℃の極寒にも対応できるクリームですが、肌を痛める可能性もあるので、まずは少しマイルドなレッド02から試すのがおすすめ。
レッドシリーズ一覧:Amazon

* * *

寒さに対抗するために各メーカーがとても便利な色々なアイテムを出してくれています。どれも比較的安価に揃えることができる防寒アイテムなので、症状のつらい部分から対処していってくださいね。