【ロードバイク】冬用ベースレイヤーの選び方ガイド&おすすめブランド

最初の1枚が、超重要。

冬用装備の中でも、ベースレイヤー(インナー)は肌に密着するため、体温調整に影響する最も重要なアイテム。特に冬場は汗冷えで体調を崩すことも多いので、ウェアの吸湿速乾性がとても大事な部分。

とはいえ、生地の素材や厚さも各メーカーで様々なものがあるので、どれを選べば良いかわかりづらいところがあります。そこで自分のライドスタイルに合ったベースレイヤーを見つけられるように、選び方とおすすめのアイテムを紹介していきます。

本格的に寒くなる前に、そして欲しい色・サイズが売り切れる前に早めに揃えてください。

1. 冬用ベースレイヤー(インナー)の種類

ベースレイヤーは生地の厚さで3タイプ、素材で2タイプに大きく分かれます。

生地の厚さ

ライトウェイト(薄手)

速乾性が高く動きやすいため、走行時のストレスがもっとも少ない。オールシーズン使えるのが特徴で、真冬ではほかのベースレイヤーと重ね着して使うこともできる。

ミドルウェイト(中厚手)

適度な厚さで動きを妨げないため、気温が低いときでもストレスフリー。コンプレッションタイプは半袖ジャージと組み合わるサイクリストもおり、秋冬では汎用性が高い

ヘビーウェイト(厚手)

生地が厚く、一枚でもかなりあたたかいもの。その分速乾性が犠牲になっているため強度の高いロードサイクリングにはあまり向かない。極寒地でのライド、あるいは冬のポタリングなどで使用するタイプ。

生地の素材

メリノウール

肌触りが良く、保温力が高いのが最大の特徴。
素材自体が吸湿して発熱するため、体温を暖かくキープしてくれる。
天然素材のため化繊のものと比べると速乾性は劣ることもあるが、よほど汗かきでない限り問題のないレベル。

化学繊維

速乾性に優れているのが最大の特徴。
汗を透過して濡れ戻りを防ぐ化繊タイプは激しいライドのあとも快適に過ごすことができる。
保温性においても、ウールタイプに劣らず良いものがある。

 

2. 最適なベースレイヤーの選び方

自分に適した厚さと素材を選ぶ

ライドスタイルや気温によってどれが適切かは変わってきますが、強度の高い場合はライトウェイトタイプをベースに重ね着し、低い場合はミドルウェイトタイプを選択します

素材自体は肌触りの好みに拠るところが多く、着心地を求める場合はメリノウール、コストを重視するなら化学繊維という選び方ができます。

ヒートテックはNG

すでに通説となっているものですが、ヒートテックは汗抜けが非常に悪いため、スポーツでの使用はNG。ヒートテックはあくまでタウンユース向けアンダーシャツです。

タイトフィットのものを選ぶ

タイトフィットはサイクルウェア全般に通じる基本ですが、ベースレイヤーにおいてもしっかり汗を吸い上げられるように肌に密着するサイズとシルエットを選ぶのが鉄則。
ベースレイヤーに登山用のものを選ぶこともあると思いますが、密着しないリラックスフィットの場合もあるので注意してください。

 

3. 快適なベースレイヤーの組み合わせ

冬用ベースレイヤーは1枚でも使用できますが、汗をかいたときにより快適に過ごせるように、夏用のドライレイヤーを1枚目に着ておくのがおすすめ。

ドライレイヤーで吸い出された水分は、セカンドレイヤーである冬用ベースレイヤーに吸い取られていくので、常に体がさらさらに保たれることになります。

もし冬用1枚で汗冷えが心配な場合は、夏用と組み合わせて2枚着てみてください。いつもより快適に過ごせるのが実感できると思います。

 

4. おすすめベースレイヤーブランド5選

UNDER ARMOUR アンダーアーマー(USA)

タイトフィットよりも締め付けが強いコンプレッションフィットでは最高の品質を誇るアンダーアーマー
コンプレッションのメリットは、体を包み込んで筋肉の振動を抑えることで、体力の消耗を軽減してくれるところにあります。

冬専用ベースレイヤーのコールドギアは、高密度マイクロファイバーを細かく編みこんでいるため1枚でもとても暖かく、真冬に強いインナー。個人的にも愛用しています。

アンダーアーマーのおすすめベースレイヤー

COLDGEAR 
INFRARED 
ARMOUR(MCM3349) 【化学繊維/中厚手】
インフラレッドはコールドギアの中でも最も温かいタイプ。裏地にセラミックプリントを施すことで蓄熱効果を高めています(Amazon)。

COLDGEAR ARMOUR LSモック(MBB1938)【化学繊維/中厚手】
LSモックのMBB1938は野球にも使用されるタイプで、肩と袖が一体になったラグランスリーブで肩周りの機動性が高いのが特徴。前傾姿勢を楽にとることができます(Amazon)。

finetrack ファイントラック(日本)

夏用のインナーもサイクリングに用いられる、高機能なファイントラック。
冬用のメリノスピンシリーズは、メリノウールの保温性と化学繊維の速乾性を組み合わせた高機能なハイブリッドベースレイヤーです。

またファイントラックは前述のようなドライレイヤーとベースレイヤーの組み合わせを強く提唱しています。夏用にスキンメッシュパワーメッシュを持っていれば、冬用のメリノスピンは組み合わせに最適。

ファイントラックのおすすめベースレイヤー

メリノスピンライト 【ウール×化学繊維/薄手】
ライトタイプは厳冬期を除く秋冬春の3シーズンに使えるモデル(Amazon)。

メリノスピンサーモ 【ウール×化学繊維/中厚手】
サーモタイプはウィンタースポーツにもOKな厳冬期に活躍するモデル(Amazon

mont-bell モンベル(日本)

もともと登山用ベースレイヤーであるモンベル(公式サイト)のジオラインは、サイクリストの間でも定番のベースレイヤーとなっています。
制菌効果も高いため、長時間着用していても臭わなく、また価格が手頃なので最初のベースレイヤーとして購入しやすいのが強み。

モンベルのおすすめベースレイヤー

ジオライン L.W. 【化学繊維/薄手】
ライトウェイトタイプは速乾性に優れ、オールシーズン使えるモデル(Amazon

ジオライン M.W. サイクルアンダーシャツ【化学繊維/中厚手】
ミドルウェイトタイプのサイクリング特化型。蒸れやすい箇所にはL.W.を用いたハイブリッドモデル(公式Webショップ)。

Rapha ラファ(UK)

メリノウールで最高品質のベースレイヤーを展開するラファ。どれも着心地がとても良い

天然素材のため速乾性が弱点ですが、ウールは濡れても寒く感じないのでそれほど不快にはなりません。気になる場合は中にドライインナー、アウターに冬用のジャケットを組み合わせれば暖かく快適なレイヤリングができます。

ラファのベースレイヤー

メリノベースレイヤー 【ウール/薄手】
秋から春にかけて活躍するモデル(公式サイト

Pro Team サーマルベースレイヤー 【ウール/中厚手】
冬用のベースレイヤー(公式サイト

dhb (UK)

Wiggleプライベートブランドのdhbは暖かいメリノウール素材のベースレイヤーを入手しやすい価格で販売しています。

dhbのおすすめベースレイヤー

Aeron メリノベースレイヤー (M_37.5) 【ウール/薄手】
品質の高いオーストラリア製ウールを使用している生地重量160g/㎡のベースレイヤー(Wiggle

メリノ長袖ベースレイヤー (M_200) 【ウール/中厚手】
M_37.5よりも少し重くて暖かい生地重量200g/㎡のベースレイヤーは真冬に最適(Wiggle

Wiggleのベースレイヤーをすべて見る

* * *

まだ冬用ベースレイヤーを持っていない場合は、まずは中厚手の化繊タイプが扱いやすくておすすめ。
重ね着をうまく工夫しながら、気温に応じた細かい調整で冬のライドも楽しんでくださいね。