パワーメーター比較購入ガイド&おすすめモデル – Garmin / Power2max / Shimano / Stages

パワーメーター比較購入ガイド

トレーニングを効率的に、ライドを楽しく。

パワーメーターは、“スピード”という外部要素に左右されやすい値ではなく、“パワー”という個々の純粋な出力を数値化することができる機材。実力を示すための機材としてトレーニング志向のサイクリストの間で定着しています。

かつては30万を越える高価格帯のモデルしか存在しませんでしたが、ここ最近のラインナップの増加と低価格化によって、より身近な存在になりました。完成車にも、Specialized S-Worksのようなトップモデルだけでなく、GiantのTCRのようにミドルクラスにパワーメーターが付属してくるモデルも出てきています。

またZwiftが楽しめるスマートトレーナーが急激に普及していることも、屋内だけでなく実走でもパワーを把握したいという需要を生む後押しになっています。
つまり、いわゆる“ガチ勢”だけでなく、幅広いクラスタのサイクリストがパワーメーターを導入する土壌ができ上がっているということ。

そこで、このタイミングでパワーメーターの導入を考えている感度の高いサイクリストのために、各モデルの特徴を比較しながら最適なパワーメーターを見つけるための選び方を見ていきます。

*本記事は2019年公開記事を現状に即し改訂したものです。

1. パワーメーター導入ガイド

パワーメーターを購入する目的

最速への最短距離を導く

パワーメーターはトレーニングツールであり、しかも最も効率的に速くなるための近道を提示してくれる機材

パワーメーターが一般的になる以前に主流だった心拍トレーニングは、目標の心拍数に上がるまで時間がかかるのが課題でしたが、パワーを目標にすることで、より短時間でのトレーニングメニューの構成が可能になりました。

特に忙しい僕らビジネスマンにとって、限られた短い時間をいかにやりくりしてライバルたちよりも速くなるかという観点で見ると、パワーメーターの有無によって結果が少なからず左右されることになります。

確立されたパワートレーニングメニューを着実にこなすことで、短いスパンでの成果を実感することができます。
走り込むことによって自然とパワーが上昇していくことは、まるで修行の成果が戦闘力に表れているかのよう

ライドに深みを与える

または、そういった「速くなる」観点から一歩離れて見たとき、ライドを「楽しむ」ツールとしてもパワーメーターはとても優れた機材です。
単純に今自分がどれくらいの強度で走っているのかを把握できるだけでなく、同じパワーメーターを持っている仲間とその日どれくらいの負荷で走るのかを確認し合うこともできる(前を引く自分がどれだけつらい思いをしているのかも伝えられる)。

そうやって現在のステータスを客観視することで、力の出し具合をコントロールできるようになり、走ることそのものに余裕が生まれます
パワーメーターを導入すると走力を上げることにフォーカスされがちですが、それだけでなく表示されるパワーと上手く付き合うことでライドの楽しみに深みを与えることもできます。

パワーメーター価格の相場

黎明期は20〜40万の価格帯のものしかありませんでしたが、今ではより入手しやすい価格のモデルが登場しています。
現在の価格レンジは7万〜20万あたりで、高価なモデルほど計測の信頼性や耐久性に優れます(次の章でタイプ別の価格目安を記載しています)。

またパワーメーターを検討しているサイクリストの多くはすでにパワー表示できるガーミン等のGPSサイコンを持っているかもしれませんが、もし所持していない場合は合わせて対応サイコンの購入が必要となります。

 

2. パワーメーターの種類

パワーメーター取り付け場所

パワーメーターが組み付けられる場所

パワメーターは“歪みゲージ”を用いてパワーを計測し、このゲージにトルクが加えられると歪み量が計測されます。それを回転数と掛け合わせて算出される値が、出力を表すワット数(W)。ワット換算された数値はパワーメーター対応しているサイコンで確認することができます。

歪みゲージを内蔵したパワーメーターを取り付ける場所は、クランク周り・リアホイールハブ・ペダルに分かれ、クランク周りは更に細分化されます。

クランク周り

プロのほとんどが使用しているクランク周りのパワーメーター。計測精度に関して最も信頼性のあるパーツで、計測箇所に応じてクランクスパイダー/チェーンリング・クランクアーム・ボトムブラケットの3つに分類されます。

クランクスパイダー/チェーンリング

クランクスパイダー&チェーンリング型

SRMが開発し、市販されるパワーメーターの歴史の始まりを告げたスパイダー型。
スパイダーとチェーンリングの間の歪みゲージにより計測する仕組みで、非常に精度が高いのが特徴。ただSRMを筆頭に、総じて高価なモデルが多め

主要メーカー SRM, Quarq, Power2Max, FSA
価格帯 10〜30万円

クランクアーム

クランクアーム型

クランクアームにゲージを備え、スパイダー型と同様に精度が高いタイプ。
上位モデルは左右のアームに歪みゲージを設けることで両脚計測ができるのが大きなメリット

アームの裏側にセンサーがついており、その出っ張りがフレームと干渉するモデルもあるので注意が必要(最近のモデルは出っ張りが薄くなっています)。
導入後はクランク長を変えられないので、自身の使用する長さがフィクスしている場合に選択するのが賢明です。

主要メーカー シマノ, 4iiii, Stages
価格帯 7〜20万

ボトムブラケット

ボトムブラケット型

歪みゲージをアクスルの中に入れることで精度の高い数値が計測できるBB式。電子機器が内側に入っているので破損リスクが少ない点もメリット。
ただし組み付けは割とシビアで、BBの規格にも依存するので、フレームを替えたとき移植できない場合も。

主要メーカー ROTOR
価格帯 10〜13万円

ペダル

ペダル型

ペダルを取り替えるだけで使える最も手軽なパワーメーター
両脚計測もできるのがメリットですが、露出しているので転倒時の破損リスクが高くなります。

さらに、どのメーカーのモデルでもLOOKのクリートに限定されるという点、またペダル部分が若干重くなる点も留意が必要。

主要メーカー Garmin, SRM, Favero
価格帯 8〜13万円

リアホイールハブ

ホイールハブ型

PowerTapだけが製造している特殊な計測方法で、ハブにかかるトルク値を元にパワーを算出する仕組み。
クランク式・ペダル式と違って、駆動系で発生するパワーのロスはもともと計測に含まれないため、数値が低めに出る傾向があります。

ホイールを替えるだけでパワー計測ができる手軽な方式である代わりに、PowerTapハブオプションのあるメーカーの完組ホイールを使うか、手組みホイールを作る必要があるので、ホイール選択の自由度はどうしても狭まってしまいます。

主要メーカー PowerTap
価格帯 5〜10万円(ハブのみ)

これらのうち現在メジャーとなっている計測型は、①クランクスパイダー型②クランクアーム型③ペダル型の3つ。プロチームでもいずれかを使用しており、信頼性の高いラインナップが揃っています。

そこで3つの型別に、定番モデルをピックアップ&比較していきます。

 

3. 【クランクスパイダー型】モデル

Power2Max – パワーツーマックス

Power2Maxパワーメーター

Type-NG

パワーメーターの祖SRMと同じスパイダー型を出すドイツのPower2Max
トップモデルの“Type-NG”はワールドチームのモビスター・UAEエミレーツにも使われ、±1%の誤差という精度も最高クラス。デザインも格好良い。

精度 計測 バッテリー 価格 購入
±1% 両脚 充電式 ¥135,000〜 楽天

Type-NGeco

対して廉価版の“Type-NGeco”は、誤差±2%、充電式ではなく電池式といったハード面での差に加え、左右差/トルク/ペダルスムースネスの計測ができないといったソフト面でコストが抑えられています。
ただし、ソフトは各項目€50追加で支払えばアップデート可能。

精度 計測 バッテリー 価格 購入
±2% 両脚 電池式 ¥78,000〜 楽天

いずれのモデルも、クランクアームはシマノ以外の各社純正クランクを組み込むことができます(シマノユーザーはROTORのものを推奨)。

Power2Max製品一覧を見る

 

4. 【クランクアーム型】モデル

Stages – ステージズ

Stagesパワーメーター

Power L

アメリカのメーカーStagesは、アーム型のモデルをリーズナブルな価格帯で展開。
特に左クランクで片足計測する“Power L”は、アーム型の中で手頃な約5万円(105グレード)。左クランクを交換するだけですぐに使えることに加え、純正クランクと比べて重量+20gに抑えてあります。
シマノ、Camapagnolo、FSAなど多くのクランクに合わせたモデル展開も強み。

精度 計測 バッテリー 価格 購入
±2% 片脚 電池式 ¥46,500〜 Wiggle

Power LR

Power Lの後発として登場したのが、両脚計測タイプの“Power LR”。左右クランクそれぞれに独立したセンサーが設けられ、左右パワーバランスやペダルスムースネスなどを把握できるようになりました。
重量も純正から+35gであり、取り付けもラクなので、手軽な取り回しができるStagesの強みが活かされています。Dura-AceとUltegraの2モデル展開。

精度 計測 バッテリー 価格 購入
±1.5% 両脚 電池式 ¥106,000〜 Wiggle

Stages製品一覧を見る(Wiggle)

ROTOR – ローター

Rotorパワーメーター

2INpower DM / INpower DM

楕円リングQ-RINGSやコンポーネントUNOなどのバイクパーツを展開するスペインのROTOR。
そのパワーメーターはQ-RINGSを使用することを前提として作られているため、楕円使用時の計測精度が高いことが特徴。ROTORらしいデザインも格好良い。


ソフトウェア面でも、ペダリング分析「TORQUE 360°」や、パワーピーク位置を導き出す「OCA」などオリジナルの解析ツールが揃い、効果的なQ-RINGSのセッティングが可能となっています。

ラインナップは、左右独立したパワー計測が可能な「2INpower DM」と、左側クランク測定の「INpower DM」。

機種 精度 計測 バッテリー 価格 購入
2INpower N/A 両脚 充電式 ¥178,000* Wiggle
INpower N/A 片脚 充電式 ¥100,000* 楽天

*スパイダーリングは別売(Wiggle

4iiii – フォーアイ

4iiiiパワーメーター

Precision Pro / Precision

2010年に設立されたカナダの4iiii。
シマノのクランク(105/アルテグラ/デュラエース)をベースとしたモデルを展開し、両脚計測の「Precision Pro」と片足計測の「Precision」をラインナップ。

クランクアーム型の中では最も安価なクラスに入りますが、「Presicion Pro」はスペシャライズドとパートナーシップを組んでワールドチームにも採用されており、信頼性の高いパワーデータを得ることができます。

機種 精度 計測 バッテリー 価格 購入
Precision Pro ±1.5% 両脚 電池式 ¥87,000〜 Wiggle
Precision ±1% 片脚 電池式 ¥37,800〜 Wiggle

4iiii製品一覧を見る

Shimano – シマノ

Shimanoパワーメーター

FC-R9100-P

群雄割拠のパワーメーターマーケットへ2017年に参入したシマノ。
パワーメーターを付けていることを主張する他社製品のデザインに対し、シマノ製はひと目では通常のDura-Aceクランクと相違ないと感じられる外観に仕上がっています。

左右パワーバランス、ペダルスムースネスのほか、トルク効率も計測可能。ワールドチームでも数チームが採用し、後発参入でも着実に実績をつくっています。

精度 計測 バッテリー 価格 購入
±2% 両脚 充電式 ¥141,900

製品詳細を見る(公式サイト)

 

5. 【ペダル型】モデル

Garmin – ガーミン

Garminパワーメーター

Vector3 / Vector3S

Vector2のアップグレード版として2017年登場から話題をさらったモデル。Vector2にあった受信機の突起がなくなり、通常のビンディングペダルらしい外観になっています。

初期ロットの頃は不具合が多く、交換対応となったサイクリストが多くいましたが、今では改善されて安定性が強化されています。
片脚計測のVector3Sもあり、より手軽に導入が可能。

機種 精度 計測 バッテリー 価格 購入
Vector3 ±1% 両脚 電池式 ¥128,000 Amazon
Vector3S ±1% 片脚 電池式 ¥79,000 Amazon

LOOK x SRM

LOOK / SRM パワーメーター

EXAKT Dual / EXAXT Single

LOOKとSRMのパートナーシップによって2018年に生まれたペダル型パワーメーター。
LOOKが開発に加わっているためペダル型の中で形状が最も美しく、また元祖パワーメーターSRMによる計測精度の高さもセールスポイント。
重量も片足150gと、158gのGarminよりも若干軽量です。
SRMのパワーメーターとしては最も安価ですが、それでもほかのペダル型と比べると1.5〜2倍ほど。
片足計測のSingleと両足計測のDualをラインナップ。

機種 精度 計測 バッテリー 価格 購入
EXAKT Dual ±1.5% 両脚 充電式 ¥175,000 Wiggle
EXAKT Single ±1.5% 片脚 充電式 ¥95,000 Wiggle

 

6. おすすめ全モデル比較表

ブランド 製品 計測精度 計測方法 バッテリー 価格
クランクスパイダー式
Power2max Type-NG ±1% 両脚 充電式
¥135,000〜
Type-NGeco ±2% 両脚 電池式
¥78,000〜
クランクアーム式
Stages Power L ±2% 片脚 電池式 ¥46,500〜
Power LR ±1.5% 両脚 電池式 ¥106,000〜
ROTOR 2INpower DM N/A 両脚
充電式
¥178,000
INpower DM N/A 片脚
充電式
¥100,000
4iiii Precision Pro ±1.5%
両脚
電池式
¥87,000〜
Precision ±1%
片脚
電池式
¥37,800〜
シマノ FC-R9100-P ±2% 両脚 充電式
¥141,900
ペダル式
Garmin Vector 3 ±1% 両脚 電池式 ¥128,000
Vector 3S ±1% 片脚 電池式 ¥79,000
LOOK/SRM EXAKT Dual ±1.5% 両脚 充電式 ¥175,000
EXAKT Single ±1.5% 片脚 充電式 ¥95,000

手軽に始めたい場合は、組付けの簡単な4iiii「Precision」やGarmin「Vector 3」が最適。
計測精度の高さや高度なトレーニング指標を求めるのであれば、Power2Max「Type-NG」やROTOR「2INpower DM」等が優れた選択肢になります。

上記を参考に、パワーメーターを導入する目的に応じて自分に最適なモデルを選択してください。

 

7. パワーメーターで把握する項目

パワーメーター導入後はパワートレーニングの理論に基づいて各数値を活用します。トレーニング志向でない場合は厳密に管理する必要はありませんが、各項目を知っておくとライドごとの疲労度などの把握に役立ちます。

FTP(Functional Threshold Power)

60分継続できるワット数。この数値を基準としてトレーニングを行い、数値を上げていくことがパワートレーニングの主たる目的。

PWR(Power Weight Ratio)

FTP÷体重で算出される重量出力比。3.5倍とか4倍で表され、特にヒルクライムでの力を左右する部分。

NP(Neutral Power)

標準化パワー。単純な平均値とは違って、「そのライドでもしパワーを完全に一定に保ったときに維持できるパワーの値」なので、ライドの実際の強度がわかる数値。レースのNPを把握しておくと、そのレースのレベルがわかります。

IF(Intensity Factor)

強度係数。NP÷FTPで算出される値で、運動強度を示すもの。1.0のときがFTPと同じ強度で走ったことになり、この上下に応じてトレーニングレベルが把握できます。

トレーニングレベル IF
L1: 回復走 <0.75
L2: 耐久走 0.75-0,85
L3: テンポ走 0.85-0.95
L4: 乳酸閾値 0.95-1.05
L5以上 1.05-1.15

TSS(Training Stress Score)

ライドの負荷を数値化したもの。FTP値で1時間走り続けると100ポイント貯まります。一定期間にどれだけ負荷をかけたかがわかり、通常は1週間の累計値で管理します。

TSS 強度 回復の目安
<150 翌日に回復
150-300 翌日に疲れが残る
300-450 翌々日でも疲れが残る
>450 極高 数日間疲れが残る

シリアスライダーは週に700くらいが目安という鬼畜レベル。溜まったTSSはお金ではなくFTP値に還元されます。

CTL(Chronic Training Load)

「長期トレーニング負荷」を意味し、42日間のTSS平均値(指数加重移動平均)を表すもの。徐々にCTLを上げるようなトレーニングを行うことで、体に無理をかけることなく体力レベルを向上させることができます。

選手としてトレーニングする場合、プロはCTL100、社会人はCTL60〜80がひとつの目安となっています(個人差あり)。

この中でもFTP値がすべての基本。まずZwiftなどを利用してFTPを計測し、その上でトレーニングメニューを組み立てたり、ライド中の出力をコントロールします。
パワートレーニングについては「パワー・トレーニング・バイブル」がすべてのシリアスライダーの教科書となっています。

あらゆるサイクリストにパワーを。

POWER2MAX

Power2max Type-NG

「パワーメーターを導入すると、ワット数を出すことだけに集中するからサイクリングがつまらなくなる」という話を聞くことがあります。確かにパワーを上げることしか考えない走り方であれば、本質的な道を走ることの喜びは一部失われるかもしれません。でもそれは使い方次第。

トレーニングの時はどのしきい値で走っているのか、あるいはどれだけTSSを溜められたかという観点、ヒルクライムでは一定出力をどれだけ維持できるかという観点、ロングライドではFTPに応じた出力コントロールという観点など、シーンに応じてパワーという客観性のある数値とうまく付き合うことで、大人の余裕が生まれるライドができるようになります。

そうしてライドの幅を自然と広げてくれるパワーメーターは、ガチ勢だけでなく、ただ走ることに囚われてしまったあらゆるサイクリストにおすすめできる機材です。

Text by Tats@tats.cyclist