ロードバイク用アイウェアの選び方ガイド&おすすめブランド

アイウェアの選び方ガイド

最適なアイウェアで、進むべき道をクリアに。

ロードサイクリングにおいては、視覚情報が最も重要な要素。
アイウェア(サングラス)は、太陽からの紫外線、飛び込んでくる虫、タイヤで跳ね上げられた小石、風を受けて乾燥する眼球など、さまざまなリスクから目を守り、さらに視界をクリアにするために1年を通して必要になるものです。

そこで、「視覚」を最適化して走りに専念できるように、ロードバイクでの走行に最適なアイウェアの選び方をまとめていきます。

1. アイウェアの形状を選ぶ

アイウェアの形は、レンズ形状から大きく2種類に分けられます。まずどちらが似合うか、そしてフィットするかを自分のスタイルに合わせて選びます。

ロードバイク用アイウェア レンズの種類

シングルレンズ(一眼)タイプ

ロードバイク用では主流となっている形状で、大きいレンズで視界が広いため安全性が高いことが最たる特徴。デザイン面でも優れている。
各メーカーとも上位モデルはシングルレンズタイプのため比較的高価。
曇りやすいためベンチレーションがついている。

デュアルレンズ(二眼)タイプ

スポーツタイプのサングラスに近く、はじめてのアイウェアでも”コスプレ感”が出ないので抵抗なく装着できるデュアルレンズ。手頃な価格帯のものが多い。
ただシングルレンズと比較すると視野が少し狭いので、しっかりフィットしてずれないものを選ぶ必要がある。また度付きレンズが必要なとき、多くの場合デュアルレンズが選択される。

基本的にはデザインと機能が両立するシングルレンズをおすすめしますが、デュアルレンズが好みの場合ももちろんあるので、顔の形との相性や予算などを加味して選択してください。
またアイウェアはヘルメットとの相性もあるため、できれば手持ちのヘルメットと合わせたコーディネートを考えるのが最適です。

 

2. レンズを選ぶ

レンズカラーの選び方

アイウェアのレンズにはさまざまなカラーがあり、色によって最適なシーンは異なります。晴天時や昼間など外が明るいほど暗めのレンズ、曇天や夜間など外が暗くなるほど明るめのレンズを選択します。

アイウェア レンズカラー

最適なシチュエーション例

  • ・日差しの強い日中:グレー、ブラウン
    ・曇天や夕方:ピンク、オレンジ、イエロー
    ・夜間:クリア

このため替えのレンズを複数持って天候に合わせて使い分けることが理想ですが、いきなり揃えるのは予算的にも難しいため、自分が走行することが多い時間帯に合わせたレンズを1本持っておくというのが最初の一歩。たとえば夜間走行をしないのであれば、ブラウンやピンク系1本でもほぼ事足ります。

また、レンズには「可視光線透過率」と呼ばれる明るさを示す指標があり、同じレンズカラーでも透過率で見え方の明暗が異なります。この数値はレンズを比較するときの目安にしてください。

オプション:特殊レンズを選択する

レンズはカラーによる違いだけでなく、付加価値機能を持つものがあります。
価格は高くなりますが、安全性・天候・走行時間帯などへの対応力がつくので、必要に応じて以下のものを選択します。

アイウェア 特殊レンズの種類

 プリズムレンズ

オークリーが開発したテクノロジーで、サイクリング時に見えるべきものをはっきり見せる補正が行われる高機能レンズ。信号機の視認性が向上されたり、路面のコントラストを高めて障害物の発見を早めたりと、走行時の安全性が高まる設計になっている。見た目もかっこいい。

 調光レンズ

紫外線に応じて自動的にレンズ濃淡の調整が行われる、文字通り「調光」するレンズ。夜明けから日没後まで終日走るようなロングライド時に最適

 偏光レンズ

光の乱反射を抑えることにより、映り込み・反射光・路面の反射などをカットして快適な視界が確保できるレンズ。ギラギラと日差しが照りつける日に最も効果を発揮し、目が疲れにくいというメリットもある。ただ通常のレンズより視界は暗くなりがち。

 

3. フィッティングを見る

いくら素敵なアイウェアを入手したとしても、顔にフィットしなければ使い勝手は半減してしまいます。フィット感を確かめるときに見るべきポイントは以下の3つ。

アイウェア フィッティングのポイント

アームがこめかみにぴったりと沿うか?

首を上下左右に動かしたりスプリントで激しく頭を振ったとき、アイウェアの位置がずれないようにアームでしっかり固定されるかを確認。あまりタイトだと長時間のライドがつらいので、適度なホールド感のものを選択します。
多くのアイウェアはこめかみに当たる部分をラバー素材にしていて、アームの幅を狭めることなく適度なフィット感で固定されるようになっています。

ノーズパッドが適度な高さか?

ほとんどのアイウェアにはラバー素材のノーズパッドが付いています。パッドが高すぎると固定力が弱まるので、自分の鼻の形状に応じて最適な高さのノーズパッドを付け替えて調整可能します。

レンズが頬に当たらないか?

頬の形によっては、レンズが頬に当たって浮いてしまう場合があります。
その場合は縦に長いレンズや湾曲が強いレンズは避けるようにします(ノーズパッドで調整可能なこともあります)。

USフィットとアジアフィットの違い

顔の形状は千差万別のため、ぴったりフィットするアイウェアを探すのは難しいケースがあります。
特に欧米メーカーのモデルは典型的なアジア系の顔の形状(幅広・頬高・鼻低)に合わないケースがあり、その場合はアジアフィットモデルが用意されているメーカーを選択します。
※個人的にはアジアフィットは緩くて合わなかったことがあり、日本人すべてがアジアフィット向きというわけではありません。

アジアフィットが異なるのは主に以下の部分。

アイウェア アジアフィットの特徴

①ノーズパッドの高さ:鼻の高さが足りない場合に合わせてノーズパッドが大きめになっていて、アイウェアがずり落ちないようになります。

②テンプルアームの幅:顔が幅広の場合に合わせてテンプルアーム(つるの部分)の幅が広めになっていて、快適にフィットするようになります。ただし小顔の人はゆるく感じる可能性があります。

※アジアフィットとUSフィット(ヨーロピアンフィット)はレンズの互換性がない場合もあるので、替えのレンズを購入するときは注意してください。

 

5. アイウェアのトレンドから見るおすすめブランド6選

本気で予算をかけてアイウェアを選ぶときは、ファッション観点でのフィルタリングが必ず加わります。誰だって格好良く着けこなしたいもの。
そういう意味で、どのブランドのどのフレームを選択するかはとても重要です。

近年アイウェアはOakleyのJawbreakerを筆頭に、大きなシングルレンズタイプが主流。ここ数年ファッションやデザイン業界のレトロ回帰が進んでいる中で、アイウェアもそのトレンドに入っています。
従来の目尻がせり上がったいかめしい外観のフレームよりも、上方向に湾曲したレトロな外観が格好良く感じられるように。

この形状は視野が広く安全性も高いため、このままアイウェア形状のスタンダードとして維持されるとともに、この先さらにレンズが大型化していく傾向となりそうです。

そこで感度の高いサイクリスト向けに、トレンドに乗る6つのおすすめブランドを紹介します。いずれも優れたデザインだけでなく、クリアで歪みのない視界を得られるレンズが付属するハイブランドです。

Oakley – オークリー

オークリー

Jawbreakerブームによって大型レンズの新機軸を切り拓いたオークリーは、ロードバイク用アイウェアのシェアNo.1を占めるブランドです。
高いフィット感、歪みのないクリアなレンズ、そして完成度の高いデザイン性──この3つがほぼ完全なかたちで揃ったブランドはオークリーただひとつ。

もはや着けていないサイクリストを見ない日はないほど広く浸透した「JawbreakerWiggle Amazon)はもちろん、デザインに癖がなくてどんなシチュエーションにも対応できる汎用性の高い「Radar EVWiggleAmazon)」もおすすめ。
どちらも冬季五輪で多くの選手(Jawbreaker:高梨沙羅選手、Radar EV:高木美帆選手など)が着用していたので見覚えのある方も多いと思います。

またスノー用の「Wind Jacket 2.0Snowinn)」をロードサイクリングで着用する動きや、2018年4月発売の新作「Flight Jacket公式サイト)」の登場など、巨大レンズブームの流れがさらに加速していきます。

Oakleyのアイウェア一覧を見る
Amazon | Wiggle | CRC

100% – ワンハンドレッドパーセント

100%

2017年にサガンが100%のアイウェアをスポンサー提供されるようになってから、100%はトレンドに敏感なサイクリストにとって最も優れた選択肢のひとつとなりました。

王道の「SpeedcraftWiggle | CRC)」を始め、フルリムの角張ったデザインが格好いい「SpeedtrapWiggle | CRC)」、マグネットで鼻腔を拡げる「Speedcraft Air公式サイト)」など意欲的なモデルが次々とラインナップ。
特にSpeedcraft系はフレームデザインの主張が薄いので、どんな顔立ちにも合いやすいというのもうれしいところ。レンズも癖がなく見やすく、また1本購入するとクリアレンズも付属するのでお得感も高いのです。

Jawbreakerと比較したSpeedcraftのレビュー記事も参考にしてください。
【レビュー】100% Speedcraft -「視る世界」を拡げる新機軸のアイウェア。

国内の自転車業界では正規代理店の取り扱いがないため、基本的には海外ECからの購入となります。

100%のアイウェア一覧を見る
Wiggle | CRC

Alba Optics – アルバ オプティクス

Albaoptics

アイウェアの新たな潮流を感じる上でAlbaOpticsは外せません。海外ではすでに多くのサイクリストが着用していて、あらゆるシングルレンズの中で最もスタイリッシュなアイウェアです。

モデルは「Delta公式サイト)」1本だけですが、フレームカラーもレンズも豊富で、中から好みの組み合わせを見つけられると思います。
独特のテンプルアーム形状は装着しやすく、激しく動いたときもズレにくい構造に一役買っています。1本26gと軽くてかけ心地も最高(個人的に100%と並んでお気に入り)。

TokyoWheelsが取り扱いを始めたため、国内でも少しずつ拡がりを見せそう。

Alba Opticsのアイウェア一覧を見る
公式サイト

POC – ポック

POC

スウェーデンの新鋭ブランドでありながらツールなどのレースで実践投入されているPOCのアイウェアは、スキー用ゴーグルを開発してきた技術を応用してつくられています。

ラインナップの中でも特に「AspireBikeinn)」は最高にクールなアイウェア。トレンドに合う大型レンズでとても広い視界を確保しています。白フレームを選択してAspireらしいポップなシルエットデザインを堪能するのがベスト。

またロードバイク用として開発された「DO Half BladeWiggle Amazon)」も、POCのOctalヘルメットと相性抜群。
シャープなシルエットが多いロードバイク用アイウェアの中で、ほかにはない丸みと湾曲したレンズのかわいいデザインは、POCならではのものです。

POCのアイウェア一覧を見る
Amazon | WiggleBikeinn

KOO – クー

KOO

ヘルメットで不動の地位を得ているKASKが2017年にアイウェアの新ブランド“KOO”を出したとき、既存のKASKユーザーを取り込む素晴らしい戦略だと胸が熱くなりました。

実際にリリースされたフルリムタイプの「KOO OpenBikeinn)」は、カールツァイス製レンズを採用し、フレーム構造に独自のテクノロジーを取り入れた扱いやすい一本。KASKヘルメットとカラーリングを揃えているので同色のヘルメットと相性ぴったり。クリアレンズも付いてきます。

そして2018年に新たに登場したハーフリムの「KOO Open CubeBikeinn)」はさらに優れたプロダクトに。テンプルアームを回転させて折りたたむ特殊な構造はKoo Open同様慣れが必要なものの、アジアンフィット化により鼻とテンプルのフィット感が大幅に向上。またレンズも、路面や前方の情報を歪みなく正確に捉えることができるのがわかります。

KOOが持つ少し角張ったデザインは、従来のアイウェア形状の流れを汲みながら良い感じにまろやかなっていて、誰にでも合わせやすいユニバーサルなデザインとなっています。

KOOのアイウェア一覧を見る
Bikeinn Amazon 

NRC

NRC

コストパフォーマンスという観点から挙げるのであればNRCは最高の選択肢。

デザイン自体は主張の少ないシンプルな形状ですが、特筆すべきはそのレンズ性能と価格のバランス。カールツァイス製レンズを使いながら同じレンズを採用する他ブランドより安く入手できるのは、もともと有名ブランドのOEM製品を手がけていたからこそ。
開発・製造力を活かしたコスト競争力を武器に、2017年後半から国内のショップでの取り扱いが増えてきました。

主要ラインナップとなる“X”シリーズはすべて定価1万円台で、ハイクラスのアイウェアを手頃に入手することができます。

NRCのアイウェア一覧を見る
 Amazon

 

Appendix. 眼鏡をかけるサイクリストの対処法

視力が悪く、コンタクトレンズではなく眼鏡を常用している場合、アイウェア選びは悩ましいところかもしれません。
この場合の選択肢として最適な方法は2つあります。

A. 度付きレンズを作る

オークリーやルディプロジェクトなど、もともと度付きオプションを用意しているメーカーがあります。その中で気に入ったモデルがあれば、そのまま度付きレンズを眼鏡ショップで注文します。

また国内の眼鏡ショップの中には、少し値段が張りますが既成のアイウェアのレンズを度付きにしてくれるお店があります。ただし対応できるレンズは一部を除いてデュアルレンズタイプのみとなります(シングルレンズはサイドの歪みが大きくなるので度付きにあまり向いていない)。

いずれの方法も追加費用がかかってしまうのは許容するしかありません。

B. シールド付きエアロヘルメットを使う

GIROのVANQUISHWiggle)やOGKのAERO-R1Amazon)のように、エアロヘルメットにシールドレンズが付属するタイプであれば、眼鏡の上からそのまま着用可能です。

僕の周囲でもこの方法を実践している方が複数いて、普段使っている眼鏡をそのままサイクリングでも使えることがとても楽だと話しています。ただエアロヘルメットなので、常にガチ感が出てしまうことはライドスタイルによってはデメリットかもしれません。

シールド付きエアロヘルメット

* * *

ロードバイク用アイウェアは、眼鏡量販店にあるような一般用スポーツサングラスでもある程度代用できますが、レンズの品質がそれほど良くないため視界が歪んで目が疲れやすかったり、フレーム自体の固定力が弱かったりと、すぐにロードサイクリング用としては不足を感じるようになると思います。

ここで紹介したブランドは少し値が張りますが、安価なアイウェアと比べるとはるかに高性能。僕もはじめてオークリーを着用して走ったときは、フィット感やクリアな視界が全然別モノだと超絶感動したのを覚えています。

サイクリング中に状況を判断する上で最も重要な「視覚」をサポートしてくれる最適なパートナーを見つけられるように、アイウェア選びを楽しんでくださいね。