LOVE CYCLIST

ロードバイクを本気で楽しむ人のためのブログ

ロードバイク用アイウェアの選び方ガイド&おすすめブランド

 

ロードバイク用アイウェアの選び方

路上を走っていると僕らの目には危険がいっぱい迫ってきます。

太陽からの紫外線、飛び込んでくる虫、タイヤで跳ね上げられた小石、風を受けて乾燥する眼球などなど、こういったリスクから目を守り、視界をクリアにするために必要なのがアイウェア(スポーツ用サングラス)。

そこで「視覚」を最適化して走りに専念できるように、ロードバイクでの走行に最適なアイウェアの選び方をまとめています。

 

1. アイウェアの形を選ぶ

ロードバイクのアイウェアは、装着したときのフィット感見た目の良さが最も大事です。
アイウェアの形は、レンズ形状から大きく2種類に分けられるので、まずどちらが似合うか、そしてフィットするかを自分のスタイルに合わせて選びます。

レンズの形状-一眼式と二眼式

シングルレンズ(一眼)タイプ

ロードバイク用アイウェアでは主流となっている形状で、視界が広く軽量。ただ比較的高価なものが多い。
通気性はあまり良くないのでベンチレーションがついているが、停車中は曇りやすい傾向がある。

デュアルレンズ(二眼)タイプ

はじめてのアイウェアでも抵抗なく装着しやすく、入手しやすい価格帯のものが多い。
視野が少し狭いので、しっかりフィットしてずれないものを選ぶ必要がある。

アイウェアの形が自分に合うかどうかは、ヘルメットとの相性もあります。できればショップでヘルメットをかぶった状態で試着してみるとイメージが固まりやすくなると思います。

 

2. レンズを選ぶ

レンズカラーの選び方

アイウェアのレンズにはさまざまなカラーがあり、色によって最適なシーンは異なります。晴天時など外が明るいほど暗めのレンズが合い、曇り空や夜間など外が暗くなるほど明るめのレンズが合うようになります。

  • ・昼間しか走行しない→ グレー、ブラウン
  • ・昼〜夜にかけて走行する→ピンク、オレンジ
  • ・夜間によく走行する→イエロー、クリア

レンズカラーと天候

レンズカラーと最適な使用条件

ただ、替えのレンズを何枚も持って天候に合わせて使い分ける、というのはブルジョワにしかできない行為なので、自分が走行することが多い時間帯に合わせたレンズを1本持っておくというのが普通です。
たとえば夜間走行をほとんどしないのであれば、グレー系1本でほぼ事足ります。

また、レンズには「可視光線透過率」と呼ばれる明るさを示す指標があり、同じレンズカラーでも透過率で見え方の明暗が異なります。この数値はレンズを比較するときの目安にしてください。

 

オプション:サイクリングを快適にする特殊レンズ

特殊レンズ

レンズはカラーだけでなく、機能性に付加価値を持つものがあります。
価格は高くなりますが、安全性・天候・走行時間帯などへの対応力がつくので必要に応じて選択します。

プリズムレンズ

オークリーが開発したテクノロジーで、サイクリング時に見えるべきものをはっきり見せる補正が行われる高機能レンズ。信号機の視認性が向上されたり、路面のコントラストを高めて障害物の発見を早めたりと、走行時の安全性が高まる設計になっている。見た目もかっこいい。

調光レンズ

紫外線に応じて自動的にレンズ濃淡の調整が行われる、文字通り「調光」するレンズ。夜明けから日没後まで終日走るようなロングライド時に最適

偏光レンズ

光の乱反射を抑えることにより、映り込み・反射光・路面の反射などをカットして快適な視界が確保できるレンズ。ギラギラと日差しが照りつける日に最も効果を発揮し、目が疲れにくいというメリットもある。ただ通常のレンズより視界は暗くなりがち。

 

3. アジアフィットとUSフィットの違いを知る

国内で販売されている海外ブランドのアイウェアの中には、「アジアフィット」と謳われているモデルがあります。アジアフィットは日本人の顔のかたちに合うように作られており、フィット感が違う部分は主に以下2つ。

アジアフィットの特徴

① ノーズパッドが高い

アジア系は鼻が低めなのでノーズパッドが大きめになっていて、アイウェアがずり落ちないようになっています。

② イヤーステムの幅が広い

アジア系は頭が大きめなのでイヤーステム(つるの部分)が幅広になっていて、快適にフィットするようになっています。小顔の人はアジアフィットにするとゆるく感じるかもしれません。

アジアフィットとUSフィット(ヨーロピアンフィット)はレンズの互換性がない場合もあるので、替えのレンズを購入するときは注意してください。頭や鼻の形によってはアジアフィットよりUSフィットが合う場合もあるので、両方試着できる場合はした方が良さそうです。

 

4. ロードサイクリングに最適なアイウェアブランド4選

アイウェアは顔周りの印象を決めるデザイン性と、視覚から周囲の情報を得るための安全性が重要になります。
そこで、デザイン性が高いだけでなく、プロも使用しているという観点から、高いレベルでブランド価値や機能性を備えた4つのブランドを紹介します。

Oakley オークリー(USA)

OAKLEY

http://jp.oakley.com/ja/mens/sunglasses/sport-sunglasses/category/m0203

ロードバイク用アイウェアとして不動の地位を確立しているオークリー。プロの使用率が非常に高く、ツール・ド・フランスでも着用していている顔をよく見かけました。別府史之選手も使用しています。

オークリーのモデルの中でも、現役最強スプリンターと呼ばれるマーク・カベンディッシュと共同開発したロードバイク専用の『Jawbreaker – ジョウブレイカーWiggleAmazon)』は至高の格好良さ。ただレンズが大きいので似合う顔の形は選びます(細面の方はたぶんしっくりこない)。

もしJawbreakerがあまり似合わない場合は、同じシングルレンズタイプで『Radar EV Path – レーダーEVパスWiggleAmazon)』がおすすめ。Jawbreakerより一回りコンパクトなので、どんな顔立ちでもフィットしやすいデザインです。視界も良好。

 

POC ポック(スウェーデン)

POC

http://pocsports.jp/products/eyes

スウェーデンの新鋭ブランドでありながらツールなどのプロレースで実践投入されている実力派メーカー。
POCのアイウェアはスキー用ゴーグルを開発してきた技術を応用してつくられています。

ロードバイク用として開発された『DO Half BladeWiggleAmazon)』は、POCのOctalヘルメットと相性抜群。プロチームのキャノンデール・ガーミン(現ドラパック)でも使用されていました。

シャープなシルエットが多いロードバイク用アイウェアの中で、ほかにはない丸みを帯びたかわいいデザインが素敵(どちらかというと堀の深い顔立ちに似合う形状です)。

 

bollé ボレー(フランス)

bolle

http://www.bolle.co.jp/products/search#57;

スキーゴーグルを世界で初めて市場に流通させた歴史あるブランド(モーグルの上村愛子選手も着用)。
ストレスのない着用感・フィット感や、クリアな視界を強みとしています。

UCIプロチームのオリカ・グリーンエッジやAG2Rが採用している『5TH ELEMENT PRO – フィフスエレメント プロAmazon)』と『6TH SENSE – シックスセンスAmazon)』はシャープで近未来的な印象のデザイン。

風の巻き込みを防ぐサイドシールドや、前傾姿勢時に最も広くなる視野など、2つともまさにロードバイクのために開発されたモデルです。

 

Rudy Project ルディプロジェクト(イタリア)

rudy project

http://www.rudyproject-japan.com/

ツール・ド・フランスのようなハードな環境下での使用でも耐えうるアイウェアを開発しているブランド。新城幸也選手もUCI新チームのバーレーン・メリダで着用しています。

一眼レンズの『Tralyx – トラリクスWiggleAmazon)』はUCIプロチームのエティックス・クイックステップが採用しています。肉抜きして軽量化されたフレームが特徴的。

RYDON – ライドンWiggle)』はルディプロジェクトのロングセラーモデルでカラーも豊富です。

* * *

アイウェアは、JINSやZoffにあるような比較的安価なスポーツサングラスでもある程度代用できますが、次第にロードサイクリング用としては不足を感じるようになると思います。

ここで紹介したブランドは少し値は張りますが、機能は安価なアイウェアとは比べるとはるかに高性能です。僕もはじめてオークリーを着用して走ったときは、フィット感やクリアな視界が全然別モノだと超絶感動したのを覚えています。

サイクリング中に最も重要な「視覚」をサポートしてくれる最適なパートナーを見つけられるように、アイウェア選びを楽しんでくださいね。