LOVE CYCLIST

Cycling & Fashion Journal for Road Cyclists

ビンディングシューズの選び方ガイド&おすすめメーカー

ロードバイクにビンディングペダルを取り付けるときは、専用のビンディングシューズが一緒に必要になります。
ビンディングシューズにはペダルの互換性や締め付けの調整方法によっていくつかの種類があるため、その中から予算や好みに合わせて最適なものを選んでいきます。

そこで、自分に合ったシューズを見つけられるように、ビンディングシューズの基礎から選び方まで必要な情報をまとめています。

 

1. ビンディングペダルの種類とシューズの互換性

ロードバイク用かMTB用か

ビンディングシューズはまずペダルの種類と合わせて選びます。
ペダルの種類によってクリート(ペダルとシューズを固定するための留め具)を取り付けられるシューズが変わってきます。そこで最初に決める必要のあるのが、自分が「ロードバイク用ペダル」か「MTB(マウンテンバイク)用ペダル」のどちらを使うかという点です。

ロード用とMTB用

ロード用とMTB用のソール部分。クリートを取り付ける穴の数が異なる

ペダルとシューズの対応表

ペダルの種類 対応シューズ
SHIMANO SPD MTB用(2穴)
SHIMANO SPD-SL ロードバイク用(3穴)
LOOK
TIME/Mavic
SPEEDPLAY ロードバイク用(4穴)

MTB用は2穴なのに対し、ロードバイク用は基本的に3穴となっており、2穴と3穴の互換性はありません

スピードプレイはロードバイク用でも4穴ですが、シムと呼ばれる3穴シューズに取り付けるための変換プレートがあるので、3穴のシューズであればスピードプレイも使用することは可能です

そのためMTB用のSPDを使うか、それ以外のロードバイク用のペダルを使うかで選ぶシューズが変わってきます。
ただし、ロードバイクだからロードバイク用のペダルを選ばなければいけないというわけではなく、用途によってはMTB用のペダルを取り付けることもあります。

MTB用のシューズはデザインがカジュアルなものが多いので私服でも合わせやすく、固定力が弱めなので街乗りや通勤用途などに最適。
逆にロードバイク用のシューズはレーシーなデザインが多く固定力も高いので、サイクルウェアを着てペダリング効率を高めたい本格的なロードサイクリングに最適です。

ロードバイクで最初にMTB用を選んだ人が後にロード用に替えるケースが多いことを考えると、最初にMTB用のシューズを買うのはもったいないかもしれません。今後ロードバイクを本格的に乗り込んでいく可能性があるのであれば、ロードバイク用をおすすめします。

※ペダルの種類による特性の違いについては別記事で詳細を解説しているので、こちらをお読みください。
ビンディングペダルの選び方ガイド&おすすめペダル

 

2. ビンディングシューズは留め具で選ぶ

MTB用かロード用かを決めたら、次は留め具のタイプでシューズを絞り込んでいきます。
留め具は大きく分けて4種類ありますが、それぞれデザイン・調整のしやすさ・フィット感などが変わってくるので、どこを重視するかでタイプを決めてください。
※★によるスコアリングは個人の感想です。

シューレース(紐)タイプ

シューレースタイプスニーカーと同じく紐で調整できるので、脱着に手間がかかるが自分の足に合わせたフィッティングがしやすい上に軽量。
またファッション性が高く、ほかのタイプの見た目が苦手な人にもおすすめ。

デザイン ★★★★★
調整しやすさ ★★★☆☆
フィット感 ★★★★★

ベルクロタイプ

ベルクロタイプベルクロで留めるだけなので手軽に脱着ができるタイプだが足の固定力は弱い。比較的安価なモデルが多いので予算が限られている場合は見つけやすい。

デザイン ★★☆☆☆
調整しやすさ ★★★☆☆
フィット感 ★★★☆☆

ラチェットタイプ

ラチェットタイプ足の甲側にベルクロ、足首側にラチェット式のバックルを配置したタイプ。バックルで足首をしっかり固定できるので安定感がある。使用している人をよく見かけるタイプ。

デザイン ★★☆☆☆
調整しやすさ ★★★★☆
フィット感 ★★★★★

ダイヤルタイプ

ダイヤルタイプダイヤルでワイヤーを巻いて締め付けを調整するタイプ。見た目がすっきりしているのと、脱着が楽で細やかな調整もしやすい。
ダイヤルが1個のものと2個のものがあり、1個タイプはつま先側の調整が効きにくいが軽量、2個タイプは足全体のフィット感が高いのが特徴。

デザイン ★★★★☆
調整しやすさ ★★★★★
フィット感 ★★★★★

個人的には現在ダイヤルタイプを使っていますが、ワイヤーによる調整がとても楽なので今後もこのタイプを使い続けていきます。
ツールの選手のシューズをみてもほとんどがダイヤルタイプを使っていますね。

 

3. 価格によるパフォーマンスの違い

どの留め具のタイプにおいても、シューズの価格の幅は1万円台から4万円台とピンきり。高価なモデルが優れているのは下記のような点です。

  • 重量:より軽量になりペダリングが楽になります。ただ耐久性が落ちることも。
  • ソールの固さ:ソールの素材が樹脂製からカーボン製になり、軽い上に固くなります。固いことでペダリングの力が逃げなくなりますが、足が疲れやすくもなりがちです。
  • フィット感:より足にフィットするように、形成にこだわっていたり、足の各部位にあたる素材を変えたりしています。
  • デザイン:言うまでもなく、高価なほど見た目が良くなります。

これを踏まえて自分にはどの価格帯のシューズが向いているか、試着しながら検討してみてください。

 

4. おすすめビンディングシューズメーカー – おしゃれは足元から

足元の印象から、その人となりがある程度見えてきます。
サイクリングシューズと言えど、ただ機能性を求めるだけでなく、全身のバランスを考えながら自分に合ったシューズのデザインを選んでいるサイクリストを見るととても格好良く見えます。
そこでデザインと機能性を両立していて、プロ選手の使用率も高い5つのメーカーを紹介します。

1. GIRO ジロ(USA)

GIRO シューズ

http://www.giro.com/

BMCレーシングやチームカチューシャなどのトップ選手も愛用している米国のメーカー。
主にシューレースタイプとラチェットタイプを取り扱っていますが、どちらも装飾を最低限に抑えていてシック。型も細身なので履くとスタイルが良く見えます

GIROの紐靴のフィット感は格別で、履いている人は皆「GIROが一番良い」と言います。中でもシューレースタイプでハイエンドの『EMPIRE SLXWiggle)』は非常にスマートなデザイン(写真左)。

また紐靴の良さを昇華させた『Factor TechlaceWiggle)』は、紐靴のフィット感とダイヤルの調整しやすさを組み合わせた新感覚の逸品で、ユーロバイクショー2016でもアワードを受賞しています(写真右)。

ちなみにRaphaが出している『クライマーズシューズ』はGIROの『Prolight SLXⅡ』を基にしています。

Giroのシューズ一覧を見る
AmazonWiggleCRC 

*CRC: Chain Reaction Cycles 

2. LAKE レイク(USA)

lakehttps://lakecycling.com/

ロードシューズを専門的に扱う1982年創業の米国メーカー(2016年に日本再上陸)。
すべて自社工場で生産を行っており、品質はトップクラス。日本人にも最適なワイドモデルを展開していたり、ハイエンドモデルはカスタムデザインを作成できるなど選択の自由度が高いのも特徴。

ロード用のモデルは“CX”というラインナップで型番が振り分けられていて、トップモデルの『CX402Bikeinn)』はカンガルー皮を使用しており高級感が半端ない(写真左)。

そして最も代表的なモデルがミドルクラスの『CX301Bikeinn)』で、シングルダイヤル式で165gと超絶軽量。2017年の富士ヒル、ツール・ド・美ヶ原優勝者も使用していたモデルです(写真右)。

Lakeのシューズ一覧を見る
AmazonBikeinn

 

3. Northwave ノースウェーブ(イタリア)

ノースウェーブhttp://www.northwave.com/

日本人の足にフィットする型で評価の高いメーカー。
ロードシューズらしい機能的な外観を持ったハイエンドモデルの『EXTREMEWiggleAmazon)』はUAEアブダビやディメンションデータなどUCIワールドチームの選手に提供されています。
NWの文字がスタイリッシュでかっこいい。

Northwaveのシューズ一覧を見る
AmazonWiggleCRC

 

4. GAERNE ガエルネ(イタリア)

ガエルネhttp://www.podium.co.jp/gaerne/

Gの文字がかっこ良いイタリアのメーカー。
ダイヤルによるクロージャーシステムは特許を取得していて、均一的に足を包み込む締め上げはフィット感が抜群です。
2005年から日本人専用型を使った生産を開始しています。

Gaerneのシューズ一覧を見る
CRC

 

5. Specialized <S-Works> スペシャライズド(USA)

S-Workshttps://www.specialized.com/shoes/

Specializedの人気トップモデルS-Worksは、シューズにおいても機能性・デザイン性でトップクラス。トップ選手のサガンも愛用しています。
洗練された見た目の良さは言うまでもなく、人間工学に基づいたデザインでパワー伝達効率を高めています。

* * *

ビンディングシューズは、ペダルを介して回す力を直接ロードバイクに力を伝える部分なので、しっかり足にフィットして、力を逃がさないものを選ぶことが重要です。
スムーズなペダリングのために、ペダル選びと合わせて自分に合ったシューズ選びをしてくださいね。

ビンディングペダルを検討している方はこちら

ビンディングペダルの選び方ビンディングペダルの選び方ガイド&おすすめペダル